言葉のごちそう

31

渋沢栄一氏の語る「まごころ」とは? 〜 『雨夜譚』より

2024年に刷新される1万円札の肖像画は、500近くの企業立ち上げに関わり、「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一氏に決まっています。(画像は財務省W…

「読書は、心の食物だ」〜『修身教授録』より

先日の読書会人間塾で、森信三さんの『修身教授録』を読みました。第1回の課題図書になって以降も何度か取り上げられており、読書会で読むのは今回が6回…

言葉のごちそう2019

本家ブログで毎年投稿している「言葉のごちそう」フレーズのベスト3を選ぶ投稿。 すっかり遅くなりましたが、本note からもリンクしておきます。 ち…

刻石流水 〜受けた恩は石に刻み、かけた情は水に流す〜

先日、「せっかく○○してあげたのに…」と気にやんでいる知人の発言を、ネットコミュニティ上で目にしました。 そんなこといちいち気にしてたら大変だ…

「未来は変えられない、変わっていく。そういうものだ。」 〜 『スローターハウス5』読…

先日、カート・ヴォネガット・ジュニア著『スローターハウス5』を読みました。読書会の課題図書だったので先入観なく読み始めたのですが、読了前後の印…

Be Nice, Be Respectful 〜 Quora の基本方針

2017年秋に日本版がローンチされた Quora(クオーラ)をご存知でしょうか? Quoraは、「世界中の知識をみんなで共有し、その知識を広げ深めること」を…

「大丈夫! やれるよ」

3年前にもらった言葉。 当時やや迷走していた僕にチャンスをくれ、「みなが同じリーダー像を目指さなくてもいい」「らしくやれ」と鼓舞してくれた。 …

「サポートする人でなく、先を行く人であれ」

つい先日、勤め先でもらった言葉。 優しくも厳しい、フィードバックでした。 ※その晩のつぶやきがこちら。 自分の思考特性として、サポーティブな役…

「小さい勇気をこそ」 〜『東井義雄の言葉』より

子どもの頃、先生からもらった“学級通信”、覚えてますか? 読書会人間塾の課題図書として、『東井義雄の言葉 〜こころの花がひらくとき〜』(西村徹 …

「さまざま」に「生かし合う」〜『道をひらく』に学ぶ“繁栄”の鍵

世の中に数多くの本を提供しているPHP研究所という出版社があります。終戦直後(昭和21年)に松下電器産業の一組織として設立され、後に株式会社化されま…