ありがとうございました!!(KHAMSIN)
見出し画像

ありがとうございました!!(KHAMSIN)

MITSUHIRO

2021年12月26日(日曜日)吹田Take Fiveにて年内最後の「KHAMSIN」のLIVEが終了しました。
この日の外は、とても寒く雪も降るのではないかと言うくらいの天気でしたが、多くのお客さんに聴いてもらえた事は感謝しかありません。
今年は、緊急事態宣言もあり時間短縮での演奏や中止延期になったりと我慢しないといけない日が続きました。
そんな中、このLIVEはいつも通りに演奏ができ楽しかったです。

古谷光広(sax)_アルバムはこちらからどうぞ
清野拓巳(gt)_アルバムはこちらからどうぞ
柳原由佳(piano)_アルバムはこちらからどうぞ
白石宣政(bass)_アルバムはこちらからどうぞ
松田"GORI"広士(drums)_アルバムはこちらからどうぞ

KHAMSINの特徴は、オリジナル曲を演奏すると言う事なんですが当日のリハーサルの時に配布されて演奏します。
メンバーの読譜力、イメージの豊富さ、多くの経験からくる演奏のバリエーションがA4一枚の譜面からこんなに膨らむのかと毎回毎回驚きの連続で、その中にいられる事が幸せに感じています。

アルバムはこちらからどうぞ

僕は最近書けていないのですが、清野さんがいつも持ってきてくれます。
もちろん、メンバーみんなが持ち寄ってやっていますが、清野さんの生産力には脱帽です。
いっぱい書いているから1曲が薄くなると言うことはなく、全曲、全力投球しないといけない曲ばかり。
今回の新曲も、カッコ良かった。
あの雰囲気・盛り上がり方・楽曲の構成、どれをとっても毎回勉強になる事ばかりです。
そして、メンバーに自由な発想で演奏してもらえるだけの「余裕」があるのです。
決まりが無いと言ったら言い方が違うかもしれませんが、いろんな方向にいつでも何処でも向かう事ができるのです。
リハーサルで良い感じだったものが、本番ではガラッと変わりでもそれも良い感じなんです。
メンバーのアイディアが入るだけののりしろが十分以上あるのが清野さんの楽曲なんです。

本番は、あっという間でした。
9月のビックアップル以来の今回もあり、演奏中に何回も何回も「このメンバーでよかった!」と腕を上げて吠えたくなるくらいワクワク感が止まりませんでした。
2016年に清野さん・ゴリさんと話ししてから5年。
途中世の中が大変な事になりましたが、でも5年続きました。
これからもどんどんやって行きたいし、もう少し範囲を広げたいです。
そして、皆さんにこのKHAMSNのサウンドを聴いていただきたいです。

アルバムはこちらからどうぞ
アルバムはこちらからどうぞ

来年2022年も盛り上がって行きますので、是非おこしください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Set List
1set
01/Blue Black - un changed (T.Seino)
02/Blue Hour (M.Furuya)
03/flat, gray expanse of the Sky (T.Seino)
(from Mirror in the Mirror)
04/dark as wetlandos, mother's face is (T.Seino)
(from Mirror in the Mirror)

2set
01/Partial Eclipse (M.Furuya)
02/LUZ (N.Shiraishi)
03/Aska (M.Furuya)
04/the way in the heart (M.Furuya)

アンコール
White Whale (M.Furuya)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
MITSUHIRO

読んでいただきありがとうございます。 もしよろしければ、サポートもよろしくお願いします。 サポート頂いたお金は、各バンドの運営資金等に使わせていただきます。

嬉しいです。ありがとうございます!
MITSUHIRO
1973年8月13日、大阪生まれ。幼少の頃より父の影響で洋楽を聴くようになり、高校時代より、立命館大学のビックバンドメンバーとして参加。大阪音楽大学を経て、国内外ミュージシャンとのセッションを経験して現在に至る。