終息と収束
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

終息と収束

Hiroyuki Sato

経済の活性化を狙ったGo toキャンペーンなどで少しだけ、
そして一時的に盛り返すような動きを見せる一方で、
予想通りの感染再拡大も見えつつあります。

本格的な冬に向けて重症者数の増加が
ポイントになりそうですが、
誰もが言う様に、
このウイルスがこの世から無くなることはもはやなくて、
治療法が確立されるまでの"共存"が課題。

その中で使い分けに悩む「終息」と「収束」

簡単に言うと終息は完全解決で、
収束はある程度落ち着く、のような感じ。

とするならばもうこの件に関しては
「終息」はありえないと思います。

ここまで万人が意識する事などなかった
手洗い・うがい・マスクを持ってして
インフルエンザの蔓延は抑えられ、
それでも感染者が出続ける新型コロナウイルス。

確かに世界的に見ると死亡者重症者も
感染者の数に比例して増加はしていますが、
そのインフルエンザと比べるとどうなのか?

違いは発症してすぐに最寄りの病院で対処できるかどうかだけ。

この点だけが未知で確かに怖い。

そしてそこに"万が一"を考える人と考えない人との間に
意識差が生まれ論争が起こり、
行動の差が広がっています。

そこで単純に
楽観主義派が50%慎重警戒派が50%だとして、
前者は以前通りの行動に戻り
後者は厳戒態勢の自粛を続けるとすれば、
50%の外出を伴う消費は消えたまま。

実際は通販だったりデリバリーだったりで
この数字の通りではなく複雑ですが、
どちらかに100%になる事はありません。

まあこれはコロナ騒動以前を100%とした話で、
その100%時代が本当に便利で良くて正しかったのか?
という意識の変化が急激に進んでいる事も
サービス提供側は考えないといけません。

その偏ったどちらかをターゲットに業務形態を移行していったとして、
そこがまたパイの取り合い。

そしてこれまで消費していた事への疑問を持った人も少なくなく、
全体としての天井はグッと低くなってきます。

他分野へと手を伸ばしていくか、
業態を変えるか、はたまた辞めるか。

12月という繁忙期を迎える前に各業種共に考え
行動に移すにはほとんど時間もなく、
年を越したタイミングで淘汰されるのは、
思考と知恵を動かさないところなのかもしれません

自分の手持ちの駒は何なのか?
その駒で持ちこたえられるのか?
いつまで持ちこたえれば良いのか?

この状況下でも
「そんなこと考えている暇なんてないぐらい忙しい!」
という所は難なく乗り切れると思います。

問題は手も体も空いていて、
ため息をつきながら漫画でも読んでいる様な、
考える事を放棄して、
繁忙期になれば…とか
年が明ければコロナも…なんて、
不確定な期待に全力で寄りかかっている所。

「コロナウイルスも撲滅できて良かったね」
なんてめでたいお正月は恐らく来ません。

思考とモチベーションを終息させず考えて動く事。

なんてことを書きながら自分の尻に火を付けています。

頑張りましょう。
頑張ります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
記事への反応ありがとうございます!
Hiroyuki Sato
熊本のFootwear Select Shop『BACKWOODS』オーナーです。 靴好きが講じて1995年から始まった靴業界との絡みを形にすべく2014年に開業。 業界裏話も含めてごくごく個人的な話を書ける範囲で。 それ以上は是非お店で。