見出し画像

六本木のテックショップを見学しました

六本木一丁目駅のすぐ近くにある「テックショップ」をひらめきドアのメンバー2名で見学してきました。

テックショップは、3Dプリンター、レーザーカッター、CNCルーター、デジタルミシン、そのほか多種多様や工作用具がそろった自由工作空間です。

とにかくいろんな道具があるので、1つひとつ説明しきれませんが、未来を感じさせる工作機器を前に誰もがワクワクしてしまうこと間違いなし。


染料による染めものを、プリント物のように作れる機械があったり。

アクリル、革、コルクにも印刷できるUVプリンターがあったり。

細かい形にカット、彫刻できるレーザーカッターがあったり。

3Dプリンターや3Dスキャナーがあったり。

立体的に木を削れるCNCルーターがあったり。

金属板を立体加工できる機械があったりします。


テックショップの入り口には、利用者の方が制作した作品もたくさん展示されています。そこを眺めているだけでも夢の広がりを感じますよ。


見学は、ひらめきドアの活動として「おとなりスタンド&ワークス」には設置できないレーザーカッターの利用を視野に、いろいろ教わることが目的でした。久保さんはさっそく、入会と講習予定を組み、9月のイベントに備えることに。松本は神田錦町のファブラボをまだ使わせてもらっているので、もう少し計画的に利用を考えていきます。

実際に案内してもらうと、エアブラシの塗装も自由にできる場所があったり、UVプリンターの魅力もビシバシ感じたりして、レーザーカッターだけでない活用も大いにありそうです。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
3
東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

こちらでもピックアップされています

ひらめきドアの活動
ひらめきドアの活動
  • 63本

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。