見出し画像

私の好きな建築家(第6回おとなり大学)

「おとなり大学」第6回目は、砂越さんの発表「私の好きな建築家」です。とても深い内容に聞き入ってしまったので、メモが少ない。自分に印象的だったことだけ残しておきます。

この発表中で紹介してくれた建築家は「トム・クンディグさん」と、3人の建築家のスタジオである「RCRアーキテクツ」。どちらも検索すれば、すてきな情報満載なので、ここでは詳細をはぶきます。

画像1

RCRアーキテクツの「新しい建築は、風景に対して押し付けがましい態度を取る必要がない」という考えが印象的でした。外観はもちろん、質感や手ざわりもふくめ、すでにある風景と共存することを大切にした建築をテーマとしているそうで。その発言以上に、それを実現するアイデアがすごい。

ひととおりの発表を終えて、最後に砂越さんからは、自身が今取り組んでいる場作りについての投げかけ。場所をつくったからといって人は集まるのか。たとえば今日は集まった人はなぜ来てくれたのか、といった討論に。

おとなりスタンド&ワークスを経営する永瀬さんが説明した「圧倒的吸引力と圧倒的フィルター」「友達づくりとお客さんづくり」の話がとても興味深かったです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
3
東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。