見出し画像

いたばしカルタ「優勝メダル」作り

いたばしカルタの村上さんに依頼を受けてから、ちょくちょく仕事の合間で優勝メダルづくりを進めました。

画像1

まずは、村上さんからいたばしカルタのロゴとカバーデザインのデータを預かって、優勝メダルとしてのレイアウトに配置。

実はこの時点で、けっこう大変でした。印刷物ではレイヤーの下に隠れた絵があっても問題ないのですが、立体データを作るためには、ある程度、隠れた部分も整理・統合して千を整える必要がありました。

画像2

画像3

画像4

1回目の出力。おとなりスタンドが終わる時間直前だったので、目的のサイズよりぐっと小さくして短時間でテストプリント。文字がつぶれてしまっていました。

画像5

日を改めて、大きなサイズでテスト出力。全体的に良くなったけど、やはり小さい文字はつぶれてしまっています。ただ、なんとなく、どれくらいの大きさだときれいに出せるか見えてきました。

画像6

預かっているデータを改変することになりますが、村上さんに状況を伝えて、デザインを改定。文字を大きく扱えるようにしてみます。

画像7

またデザインとして、ふちを厚くとり、丘状のカーブをつけました。こうした方が、素材の光沢感を出しやすくなると思ったのです。

画像8

出力完了。これまでの出力からフィラメントのクセを考え、温度は少し低めの205℃に。ヘッドの動きも精密にして作成。まずまずの出来です。

画像9

お店にたまたま来ていた、川島紙器工芸の川島さんに、試してもらいました。とてもいい笑顔です。

画像10

新年の「いたばしカルタ大会」に向け、間に合わせることができました。少しデザイン上の課題も残っていますが、おいおい改善していきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。