見出し画像

地域ボードゲーム会(第2回)

板橋区をネタにしたオリジナルボードゲームを楽しむ、地域ボードゲーム会の第2回です。今回も前回に続き、スコットランドヤードを元に作成した『いたばしケイサツ』を中心に遊びました。

画像1

原作『スコットランドヤード』からの影響ですが、この『いたばしケイサツ』はプレイヤーの人数調整に対して柔軟なので、3~6人みたいな変動幅だと、これが安定です。参加者のうち、この会に2回目の参加となった山口さんが怪盗X役を初プレイ。

画像3

ゲームは、序盤、怪盗が慣れない故のボロも出してしまい、怪盗は2回目の出現を前に包囲直前まで追い詰められます。が、特殊カード「道なき道を行く」をうまく使って、華麗な脱出劇を披露。大いに盛り上がります。

画像5

その後は、怪盗の動きにも切れが出てくるも、ラスト1ターンで捕まることに。怪盗が持っていた最後のカードが「大仏心眼」であれば怪盗が勝っていたので、本当にギリギリの展開でした。

画像2

今回は、「いたばしカルタ」を制作した村上さんが参加してくれ、いたばしカルタをもっと楽しむための工夫や、大会での金メダルを3Dプリンタで作れないかといった議論に。「いたばしカルタ&ひらめきドア」の新たな企画が動き出しました。

画像4

いたばしカルタをもっと楽しむための、「いたばしカルタPLUS」プロジェクトは今後も随時報告していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。