旅行の計画の立て方に見る、性格。

台湾に旅行に行くことになりました。

子どもが生まれてから旅行に行ったのは、帰省を除くとディズニーランドに行ったきりです。

さっそく旅行の計画をたてようと思っていますが、ぼくは妻と比べるとプランを練るのが苦手です。

一度も行ったことのない土地でも、みんなが行くとこばかりじゃなくて、マニアックなところに行きたい欲があります。というか、“るるぶ”とか“じゃらん”とか見てても、どうも行きたいって気にならないのです。

飲食店のページはまだしも、お土産紹介のページとか全く読む気にならない。あと名所についても、なんだか文章がチャラチャラしていて、イマイチ信用できません。ぼくは、どのガイドブックやネットの情報を参考にするかで、まずもたついてプランを練るのがいつも遅れるんです。気に入った情報ソースを見つけて、それを軸にようやく考え始める。

まあ自分の気に入ったものがないと、本腰を入れて動けない傾向があるということです。

妻はそこのところキッチリしていて、“るるぶ”とか“じゃらん”はざっと概略をつかむ用に使い、“地球の歩き方”や詳しいガイドで、さらに詳しい情報を得て、計画を立てているそうです。

旅の計画の立て方には性格が思い切り現れているようです。就活のタイプ診断にたとえると、こんな感じだと思います。

妻はとても効率的で、ものごとを円滑に進めることのできるタイプです。どんな仕事でもそつなくこなすことができそうです。

夫(ぼく)は効率がとても悪いです。好きなことには力を尽くしますが、そうでないものには、やる気がなかなかおきません。ムラッ気の多いタイプで、仕事を選ぶでしょう。

…そう考えると、ぼくら夫婦はいいコンビなのかもしれませんね。

おわります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
コピーライターです。書くテーマは決まっていません。わかることだけを、ほんとうのことだけを、いつものことばで書くことが決まりです。2016年10月22日にはじめました。