見出し画像

お仕事紹介:小学生向け理科教材イラスト(学研プラス)#012

イラストレーターの私・陽菜ひよ子の今までのイラストのお仕事について振り返ってみるシリーズ。12回目の今回は、教材の挿絵(カットイラスト)のお仕事です。

今までのお仕事についてはこちらをご覧下さい。


お仕事内容について


このお仕事は、学研さんから発売の理科の教材のイラストです。2014年のご依頼で、当時は学研プラスではなく、学研教育出版という社名でした。

こんな感じで見開きに使用するカットイラストを描きました。

画像2

実はこの教材、すっごく分厚くて、こんな感じ。

画像1

ですので、何人ものイラストレーターが見開きごとにイラストを担当しました。表紙も別の方です。

イラストだけを抜粋。

画像3

実はお仕事では初めて似顔絵を描いたのですが、いつもお名前を失念してしまう。。。

画像4

そうそう、「ネオジム磁石の開発で日本国際賞を受賞された佐川真人さん」でした。

このお仕事、ある日ケータイに見覚えない相手から受信履歴が残っていて、ググってみたら学研プラスさんからで。あわてて折り返すと、急ぎの仕事だとのことで。その日は確か月曜日で、金曜までに納品というような感じだったように記憶しています。タイトですみません!と言う感じのご依頼でした。

でも私は、スケジュールはゆったりしているけど、その間に何度も修正が入るような仕事よりは、サクッと終われる、いわゆる「手離れのよい仕事」の方が好きです(笑)


著作権について

このお仕事、このときの2014年の版が2019年に改訂されて、再度イラストを使用していただき、二次使用料もいただけたので、かなりありがたいお仕事でした。

しかし、この二次使用料をもらうには、キチンと最初に意識を持って、変な契約を交わさないようにしなければいけません。著作権を譲渡してしまえば、当然権利はなくなります

著作権の知識はすごく大事です。知らないと損するだけでなく、イラストレーターとしての生命にかかわることもあるのです。

それについてもチョコチョコ書いて行きます。他にもいろいろ役に立ちそうなことも書いておりますので、ぜひ色んな記事に目を通してみてくださいね。


クリエイターEXPOについて


このお仕事は、クリEXPOがきっかけで受注しました。最初に電話をくださった編集さんは、クリEXPOで名刺交換した方だったのです。2013年夏のクリEPOに出して、一年後に受注。これを早いと感じるか遅いと感じるかは人それぞれですが(笑)

そういえば、このnoteがはじまった2014年には、クリEXPOでの成功談を書いて有料記事にしているイラストレーターをちょいちょい見かけました。

え?なんで私は書かなかったかって?

それは、自分は失敗したと思っていたからです。

でも、出展費と名古屋からの交通費・滞在費でザッと20万円くらい使って、2020年現在、それを軽く超える額(100万円以上)はペイできたので、今思えば出してよかったかな、と思っています。

画像5

私のブースにて。
某版元の美人編集さんと。(学研プラスの方ではありません)
今見ると、私も若いなー(笑)

ただ当時は、ブックフェアと同時開催だったので、営業も出版社向けが多かったのです。

画像6

今はコンテンツマーケットのイベントと同時開催になっているので、強みのあるイラストの分野や売り込みかたも若干異なるかもしれません。しかし、基本的にはやり方は変わってないと思うので、自分自身の失敗点・反省点も踏まえてまた書いてみますね。



この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
23
新刊「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ぬり絵本(ダイヤモンド社)2015年コミックエッセイ(PHP研究所)出版。主なイラストのお仕事はNHK番組・新聞・書籍・広告・自治体、イラスト講師など。ひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/