大人になっても子ネコみたいな野生ネコたち
見出し画像

大人になっても子ネコみたいな野生ネコたち

イラストレーター&文筆家&漫画家の陽菜ひよ子です。

普段noteでは文章を中心に書いておりますが、たまにイラスト中心の緩い記事も更新しています。そんなわけで、好評?につき「ネコ様図鑑」のお時間がやってまいりました。

今までのネコさま図鑑はコチラでご覧になれます。

背景色が白いのはイエネコ、ベージュ系はヤマネコ(野生種)となっております。本日はヤマネコです。ヤマネコの中でも小型でかわいらしい種類をチョイス。

ヤマネコとは野良猫という意味ではなく、ジャングルや草原や砂漠などに住む野生のネコのこと。ライオンやトラなどは大型のネコ科の野生動物ですが、ヤマネコは小型の野生動物なのです。


ベンガルヤマネコ

画像1

ベンガルヤマネコ
(英名:Leopard cat 学名:Prionailurus bengalensis)

中東から東南アジア、東アジア、ロシア東部まで広~く分布。
イエネコより細く足が長いすらっとしたモデル体型。遠目には大きく見えるけど実は小型で、一般的なイエネコとほぼ同じ大きさなのだそう。広い範囲に分布しているので、斑点の模様や体重などの個体差が大きい。長く別種であると考えられてきたものがすべて「ベンガルヤマネコ」もしくはその亜種であるとみなされるようになっている。

体長:38.8~66cm(熱帯地方)・最大75 cm(中国北部とシベリア)
体重:0.55~3.8kg(熱帯地方)・最大7.1 kg(中国北部とシベリア)
肩高:約41cm
尾長:17.2~31cm
毛の色:黄褐色(南部)・淡いシルバーグレー(北部)に黒色の斑点。胸と腹は白い。
顔・耳の形:頭部が小さい。耳はやや長く丸い。耳の後ろが黒く白い斑点。
その他:イエネコの品種「ベンガル」の元となったヤマネコ。

日本国内では亜種が西表島(イリオモテヤマネコ)と対馬島(アムールヤマネコ)に限定されて分布。1970年に東山動植物園が初めて本種の飼育下繁殖に成功している。(2020年現在はツシマヤマネコが見られる)


マレーヤマネコ

画像2

マレーヤマネコ
(英名:Flat-headed cat 学名:Prionailurus planiceps)

東南アジア(インドネシア・タイ・マレーシア・ボルネイ)の森林や沼地などに生息。マレーヤマネコの大きな特徴はその顔。両目が他のネコの仲間と比べて異常に寄っているのだ。人間だと目の寄った人と離れた人って結構いるけど、ネコにもいるんだ!
水が得意で、魚を採る(すなどる)ネコとして有名なスナドリネコよりも水場に適した特徴を持つそうです。

体長:41~50cm
体重:1.5〜2.5kg
尾長:13~15cm
毛の色:頭上:赤褐色、体:暗褐色、顔:身体より淡色、下腹:白。
目の色:灰色がかった茶色・琥珀色。
顔・耳の形:イエネコよりも長く円筒形の頭部。耳は丸い。
その他:泥水の中で水生の獲物を捕まえるのに、スナドリネコ以上に適した歯や爪を持つ。


以下の2種は「世界最小のネコ」と言われるネコである「クロアシネコ」「サビイロネコ」です。

イエネコと比較すると大きめの種類が多いヤマネコですが、この2種は日本の一般的な飼い猫と比較しても、その半分にも満たない大きさ。大人になっても、生後3ヶ月前後の子猫くらいの大きさしかありません。

クロアシネコ

画像3

クロアシネコ(黒足猫)
(英名:Black-footed cat , Small-spotted cat 学名:Felis nigripes)

南アフリカの砂漠や草原に生息する、世界で最も小さなネコ類の1種。
最小は下に紹介するサビイロネコだとされるが、クロアシネコもアフリカに生息するネコ科では最小。
名前の由来は足裏が黒いことから。種小名nigripesは「黒い足」の意。
性格はシャイだが、自分より大きな敵とも戦う獰猛さもある。
その愛らしさで話題になったが、残念ながら人にはなつきにくいそうだ。

体長:37~52cm
体重:1.1~2.45kg
肩高:約26cm
尾長:15~20cm
毛の色:明るい褐色。暗褐色または黒色の斑点。
目の色:灰色がかった茶色・琥珀色。
顔・耳の形:顔の幅が広く、耳が大きい。
活動の特徴:夕暮れと明け方に活発に活動。
寿命:10年前後
その他:国際自然保護連合のレッドリスト(絶滅危惧II類)に登録。


サビイロネコ

画像4

サビイロネコ
(英名:Rusty-spotted Cat 学名:Prionailurus rubiginosus)

インド南部とスリランカの草原や熱帯雨林に棲息する極小型の猫。
クロアシネコよりさらに小さく、世界最小のネコとされる。
性格はクロアシネコと対照的で、温厚で友好的で陽気。
子猫は人に慣れやすいため、原生地ではペットとしても人気。
名前の由来は身体にあるさび色の斑点から。視力は人間の6倍あるそう。

体長:35~48cm
体重:約1.5kg
肩高:20~25cm
尾長:15~25cm
毛の色:灰色。背中と脇腹にさび色の斑点。
目の色:灰色がかった茶色・琥珀色
耳の形:丸い
寿命:飼育下で約12年


本日はここまで。
イヌに比べるとネコはそんなに種類がないだろうと気軽に始めたこのシリーズ。調べてみたら結構いっぱいあってあせっておりますが、コツコツ続けていくので、お暇なときにでもお付き合いくださいな。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター・取材&コラム二スト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
陽菜ひよ子 / イラストレーター・取材&コラム二スト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/