新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2025年、商品棚を持ち歩く?

スマホは便利ですね。

何を今更ってはなしですが。

最近は、食料品を除いて、ほとんどスマホを使用して、ネットで購入しているんじゃないかと思います。

私は読書が好きで、休日になると本屋を覗いて、気になった本を買うのがお決まりのようになっていたのですが、最近はもっぱら「Flier」で要約を読んで、気に入ったら即「Amazon」で購入という風になっちゃいました。

早いし、簡単だし、それに加えて、あれば中古も掲載されるので、リアル書店より安かったりします。

そんなわけで、自然とリアル書店から足が遠のいていたら、ジュンク堂書店名古屋店、京都店閉店のニュース…。

なんだか後ろめたい気持ちです。書店は行けば行ったで、心から楽しめる場所のひとつですから。
これからは、つぶれてしまわないように、リアル書店でも買い物をしようと思います。

とはいえ、世界は諸行無常。
リアル店舗からネット、スマホへの流れは、今後もますます加速するでしょう。

『2025年、人は「買い物」をしなくなる』(望月智之著、クロスメディア・パブリッシング)という本をご存じですか?

私、この本、やっぱり「Flier」の要約で読みました。

このタイトルにある「買い物」とは、私たちがこれまでしてきたような買い物、お店に行って、棚を覗いて、選択して、かごに入れて、支払いをする、というようなプロセスのある買い物のことです。

この本では、そうゆう「買い物」、つまりリアル店舗での買い物は、2025年にはもはや主流ではなくなり、ネットに完全にその主流の座を奪われる、と衝撃の予想をしているわけです。

2025年ですよ。

たった5年後です。

でも、それは自分には深くうなずけるわけです。
まさに自分の買い物のほとんどがスマホだから。

そう、スマホ。

スマホで買い物できてしまうということは、いつでもどこでもお買い物できてしまう。しかもあらゆる商品と比較可能。それは常にあらゆる商品棚を持ち歩いているようなものだというんですね。

なるほど。うまい言い方ですね~。

「商品棚を持ち歩いている」

リアル店舗を小さな端末が凌駕していく勢いを、見事に表現していると思います。

そんな「持ち歩く商品棚」の便利さを享受している自分ですが、その反面、2025年と言われてしまうと、おいおい、ついていけないよ…という気持ちも正直あります。

リアル店舗がもし次々とつぶれるようなことになれば、経済への悪い影響もあるのではないか、と不安になります。

そして、現在新型コロナウイルスの影響で外出を控える人が増えています。
仕方なく、必要に迫られて、スマホで買い物してみたら、その便利さに気付く人はたくさん出てくると思います。
さらにリアル店舗からネット、スマホへの流れは加速される可能性があるでしょう。

しかし、グローバル化で、世界の人の行き来が簡単になった今日においては、また次いつ同じようなウイルス禍に巻き込まれるかわかりません。

そう考えてみれば、スマホで買い物ができることは、便利さもさることながら、グローバルなリスクに対応できるという意味でも、福音です。ただ、どうしても副作用はあるでしょう。

リアル店舗からネット、スマホへの流れはきっと止められません。
そうであれば、この新しい時代の流れを積極的に受け止め、適応して生きていくほかないと思います。

いたずらに副作用にばかり不安になるのではなく、その便利の素晴らしさを、新しい時代のわくわくを、私は積極的に生きていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
10
いま介護士として仕事していますが、これから社労士として開業しようとしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。