見出し画像

単行本「絆創膏日記」3月28日発売!

久しぶりに単行本を出版させていただきます。
僕は現在27歳ですが、この本は25歳~26歳の時に1年半をかけて書いたエッセイです。
272ページという、これまでの僕の本の中では、一番ボリュームのある本となりました。

画像1


毎日の中で、ふとした時に僕が考えたこと、気づいたこと、そして思い出した過去の記憶について、綴っています。

毎日の出来事の中で、自分だけが置いてきぼりになったような気分になることはありませんか。

僕は、できないことが多すぎて、周りで起きていることが、新幹線の窓の中から見える風景みたいに感じることがあります。

世界は、刻々と変化していて、それに対応できる人たちが、先頭を走る。

僕のような人間は、ずっと離れた後ろの方で、同じく遅れている人たちと肩を寄せ合いながら、何とか歩き続けています。

歩いているからといって、何も考えていないわけではなく、人の批判もするし、悪口も言う。時々は居眠りまでするけれど、たまにはいいことも口にします。

笑われても叱られても、生きることを投げ出さず、先頭を走ってくれている人たちに感謝し、自分にできることをこつこつと続ける。
ありきたりな日常というものは、小さな幸せが積み重なって存在しているのだと思います。

画像2


そのことに気づいた今、日記の中の出来事は遠い過去のような気もしますが、現在目の前で起きていることも、やがて過去になることを考えると、すべてが時間という大きな流れの中に刻まれている物語なのだと思います。

「絆創膏日記」読んでいただければ有難いです。
どうぞ、よろしくお願いします。

画像3





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

クリックしてくださって感謝しています。ありがとうございました。
47
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」「あるがままに自閉症です」詩集「ありがとうは僕の耳にこだまする」他多数。最新エッセイ「絆創膏日記」 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメント (2)
私も置いてきぼり組ですが
小さな幸せを見つけるのは得意です。25歳の東田直樹さんの物語楽しく読ませていただきます。
ぐりさんへ 新刊読んでいただければ嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。