見出し画像

介護業界のSNSクリエイター

田中 ひではる

 介護業界では珍しいのかもしれないけど、SNS専属スタッフを配置してみようと思う。
 やったことないし、これをやってる会社も近くにいないからどんな効果が生まれるかわからないけど、

 目的は、

  • 新規ご利用者の獲得

  • 既存ご利用者の満足度向上

  • モチベーションの高い支援スタッフに集まってもらう

この3つの効果を望んでいる。
要は外部に対して会社のことや有益な情報を発信していこうという取り組みだ。
新規事業でこれからbento屋と中古介護用品の買取・販売をやるのでそこでも活きてくる。
(弁当を"bento"と表記しているのは店名に由来している。インスタのフォローよろしくね☆)

 とにかくSNSの投稿が好き!介護業界も好き!って人に来てほしい。
そんな人に会えるかな。

 これからはどこで働くかではなく、誰と働くかが重要な要素になると言われている。
それならば選ばれる会社でないといけない。
15年前に勤めていた会社では求人募集をすると、すぐにたくさん人が集まっていたけど今は時代が違う。

 そしてこれまでは超小規模だから人材不足を実感することが少なかったけど、少しだけ規模も大きくなり人材不足を感じることも出てきた。
それでもいい人材に集まってほしい。
 先日挙げたブログの通り「会社をデザイン」していかなければならないのだ。

"人は考えた通りの人間になる"、
会社も考えた通りの会社になると思う。
 人材不足が当たり前の時代に変わったのだから、それと向き合っていく覚悟と準備が必要だ。

 デジタルがこれから様々な業界を変えていき、"新しい職種"さえも作っていく中で介護職もあぐらをかいているわけにはいかない。
それには支援スタッフもめちゃくちゃ学んで進化していかなければいけないけれど、結果としてご利用者・会社・支援スタッフ、誰にとってもプラスだと考えている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
田中 ひではる
【これから一緒に働く人、今一緒に働いている人】に向けての日記 1983年生まれ 株式会社障がい者ライフサポート 代表 広島市佐伯区で障害福祉サービス事業を経営 会社HP https://funny.hiroshima.jp/