見出し画像

体験の価値

田中 ひではる

 自分の身体が不自由になった姿を想像してみてほしい。
そのとき自分が何に価値を見出してどうされた時に嬉しいか。自分を理解してくれる人が回りにいるだろうか。どんな風に過ごしているだろう。
 それが今僕たちが提供しているサービスなのである。

 もしも身体が不自由になり、今の日本の福祉サービスを使うことになれば、介護保険サービスか障害福祉サービスを使うことになる。そして住居系と通所系の両方のサービスを使うとなると生活のほとんどが福祉サービスになる。
 もし僕がそうなったらたくさんの体験をさせてほしいと思う。

 自分ができる仕事を与えてもらい、遊びにも付き合ってほしい。美味しい食事を提供してほしいしコーヒーも出してほしい。
 たまにはお酒も飲みたいし、Wi-Fiも繋がっていてほしい。お風呂は毎日入りたい。
 週末はどこかに連れて行ってほしい。雨ならばショッピングモールやドライブとかもいいね。気の合う友達がいれば最高だ。

 これは贅沢な要求だろうか?ほとんどの人の日常ではないだろうか?これが僕たちのやっている仕事、介護サービスなのだ。
これを自問自答してチームで一緒に考えての繰り返し。
その結果としてご本人やご家族から、心から「ありがとう」と言われればいい仕事をした証だ。とてもシンプル。

 だから想像してみてほしい。自分が何に価値を見出してどんな風に過ごしているだろう。目の前のご利用者も対して変わらない要求をしているだろう。
 これが僕たちの仕事で特別な能力や才能はいらない。
今日は天気がよくて暑すぎず、気持ちのいい日曜日だ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
田中 ひではる
【これから一緒に働く人、今一緒に働いている人】に向けての日記 1983年生まれ 株式会社障がい者ライフサポート 代表 広島市佐伯区で障害福祉サービス事業を経営 会社HP https://funny.hiroshima.jp/