ライブハウスのホームページ作ります。
見出し画像

ライブハウスのホームページ作ります。

バンドやミュージシャンのホームページに特化したWordPressテーマ「zousanrecords」を制作しております太田ヒロシです。

最近、ミュージシャン以外にライブハウスにもご利用いただく機会がありまして。。ありがたいのですが、これは自分としては想定外でした。

というのも、ライブハウスのホームページとして使うには若干無理があるんじゃないのかなーと思う部分が多々あるからです。

例えばトップページに最新のライブ情報を表示しているのですが、ここには日程と会場名を掲載しています。ミュージシャンのホームページでは重要度が高いのはこの2つだからです。

画像1

しかしライブハウスのホームページとなると、当然会場名はいらないわけで、、代わりにイベント名か出演者を載せるべきだろうとなります。

などなど、いろいろ思うところがありましたのでこの度、公式にライブハウス仕様にカスタマイズするオプションのセットを作ってみました。

今回はその内容を解説します。

デモページ

まずはデモページ↓

SCHEDULEページ

LIVEページをSCHEDULEページに変更、仕様も多少変更しました。
先程のトップページでは日程とイベント名を表示。曜日も入れました。

画像2

SCHEDULEページの一覧では日程、イベント名、出演者を表示。開催月をカテゴリー登録することで開催月も選択できるようになります。

画像3

各日程のイベントをクリックすると詳細ページになります。

画像4

ACCESSページ

・マップ
・住所
・アクセス方法
が入力できます。各アクセス方法は未入力にすると枠ごと非表示になります。「バスでお越しの場合」が要らなければ未入力にすればOKです。

画像5

管理画面はこんな感じ↓

画像6

BAR MENUページ

当然メニューページもいるだろうということで追加しました。

画像7

管理画面からブロックを追加できます。
各ブロックごとに
・見出し
・自由記入欄
・表
が入力でき、表は「項目を追加」で行を増やしていけます。

画像8

SYSTEMページ

機材リストなんかを掲載するページです。
構造的にはBAR MEMUページとほぼ同じでブロックを追加して各項目を入力していきます。

画像9

画像10

出演応募フォームの設置

出演の応募用フォームも追加しました。
ABOUTページに追加するとこんな感じ↓

画像13

フッターの仕様変更

フッターに
・ロゴ
・住所
・電話番号
が表示できるようにしました。

画像11

画像12

まとめ

というわけで、中小規模のライブハウス、ライブバー、ライブカフェなどでは一応使ってもらえる形になったかなーと思います。
この他、こまかな仕様変更の必要などありましたらご相談ください。

----------------------------

zousanrecordsはクラシック演奏家からロックバンド、アイドルグループまで幅広いジャンルでご利用いただいております。
先日、無料版のダウンロード数が300を突破しました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ミュージシャンのホームページ制作をお手伝いしています。WordPressテーマ「zousanrecords」制作。自身のバンドでは主にボーカル、ギター、作曲を担当。4枚のアルバムを全国発売。関空開港20周年ソング制作。 https://wp.zousanrecords.com/