霧山茶園の「まい茶作り体験」とは!?|体験観光|高知県日高村
見出し画像

霧山茶園の「まい茶作り体験」とは!?|体験観光|高知県日高村

日高村観光協会|高知県

 日高村観光協会のmatsuです。今回は日高村の体験観光メニューの中から霧山茶園さんの『まい茶作り体験』をご紹介します。

画像5

 『まい茶作り体験』って何するの?と思われる方もいると思いますが、ざっくり言うと、①自分好みの和紙を貼って、MY茶缶を作る! ②焙烙(ほうろく)という道具で茶葉を炒って、自分好みのほうじ茶を作る! ③自分でオリジナルラベルを作って、MYほうじ茶袋を作る! の3本立てです。


①MY茶缶を作る
 数ある和紙から自分好みのものを見つけて、茶缶に貼っていきます。これ、子どもから大人まで、工作好きな人もそうじゃない人も真剣になって、黙々と作業しちゃうやつです。

画像3


②自分好みのほうじ茶を作る!
 乾かしている間にほうじ茶を作っていきます。茎茶(くきちゃ)を焙烙(ほうろく)で煎っていきます。この煎り方で味がびっくりするくらい違います。
 私はこの体験を2回したことがあるのですが、1回目は煎りすぎにビビり、仲間内で一番の浅煎りに。まだ緑茶感が残る、でもほうじ茶感もある爽やかな風味に。2回目の時は我慢してもう少し煎ってみようと思い、仲間内で一番くらいの深煎りに。しっかりほうじ茶で落ち着く味わいでした。

画像3

 希望者には、参加者の作ったほうじ茶をいくつか飲み比べをさせてくれます。その時にお茶の入れ方なども教えてくれるので、普段のお茶入れもグレードアップできちゃうかもしれません。どの煎り方もそれぞれのうまさがあり、飲み比べはぜひ体験してみてください。

画像4


③オリジナルラベルでMYほうじ茶袋を作る! 
 最後に、オリジナルラベルを作成し、ほうじ茶を詰めて、茶缶と一緒に写真撮影会の始まりです。東京ドーム約5倍の広大な茶園にカラフルな茶缶が映え、インスタ映え間違いなしです!

画像5

 体験時間は約2時間半ですが、あっという間に時間が経ってしまう盛沢山な体験プログラムです。お茶ってよくわからないという方でも丁寧に教えてくれますし、工作感も強いので、童心に戻ったような気分で黙々と作業をしてしまいます。ちょっと気になる!という方でも、まずはぜひ問い合わせをしてみてください。


料金:通常一人3,980円(税込)
   →半額キャンペーンで一人1,980円(税込)
   ※半額キャンペーンは2020年6月~8月で終了しました。
開催日:不定期(事業者に直接お問い合わせください)
開催時間:9時 または 13時
体験時間:約2時間半
体験人数:2~10名迄
※コロナ対策として、現在は一日1組限り

【お問い合わせ】
霧山茶業組合(霧山茶園)
日高村柱谷382-23
TEL:0889-24-4615 
https://www.kiricha.com/
※半額キャンペーンについては、電話で予約をしてください。


※半額キャンペーンの詳細はこちら(キャンペーンは終了しました)


>>>>日高村観光協会<<<<
日高村本郷1478-9(村の案内所ひだか内)
TEL/0889-24-5888
Mail/annaisyo@hidakamura.info

<Instagram>
https://www.instagram.com/hidakamura.info/?hl=ja
<Twitter>
https://twitter.com/hidakamura_info
<Facebook>
https://www.facebook.com/hidakamura.info/
<YouTube>
https://www.youtube.com/channel/UCsROZO4B



この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
fromほどよい田舎「日高村」
日高村観光協会|高知県
高知県の日高村観光協会です。程よい田舎「日高村」の観光情報を発信しています。高糖度トマト(フルーツトマト)のブランド『シュガートマト』をはじめとした、さまざまなトマトが栽培されています。