見出し画像

まちの9割が森!大自然のなかで働き方を変える「ファミリーワーケーション」

2020年に入り、「ワーケーション」という言葉を聞く機会が増えました。

「ワーケーション」とは仕事と休暇を掛け合わせた働き方のスタイル。リモートワークが浸透する今、住む場所にしばられず自分らしく働くことが可能です。

「今とは違う場所に住んでみたい」
そんな時は拠点を完全に移す「移住」の前に、まずはワーケーションを通して気軽に地域との接点をつくってみてはいかがでしょうか。

今回は、大自然のなかで仕事をしながら家族一緒に過ごしたい方に向けて、「ファミリーワーケーション」をご紹介します。


森に囲まれたまち

北陸自動車道・福井ICを降り車で約40分。トンネルを抜け、川沿いを走っていると視界に入るものが緑色になってきました。福井県池田町はまちの9割が山や森に囲まれているまち。普段デジタルなものに囲まれているせいか、目が緑で癒されていきます。

画像1

▲自然豊かな池田町。まちなかより数度涼しいので、避暑にもぴったり

長期滞在にも対応した「ファームハウス・コムニタ」

ワーケーションの拠点となるのは「ファームハウス・コムニタ」です。
”コムニタ”とはイタリア語で「共同体」のこと。池田町の農村をフィールドにさまざまな自然を満喫できる“体験型交流施設”として、1泊から長期滞在まで対応している宿泊施設です。

画像2

▲施設の裏の畑では無農薬野菜を栽培。ピザ作りや農業体験、収穫体験なども人気です

広々としたメインホールの窓からは、池田町の景色が一面に広がります。目の前は緑のグラデーションに囲まれた大自然。秋は紅葉、冬は雪で一面真っ白になり、季節ごとに移り変わる風景を楽しむことができます。

画像3

▲冬は窓の外が一面銀世界。暖炉の火がいい感じです

心地よい自然の音が仕事のBGMに

仕事はこちらのメインホールで業務に集中します。木の温もり感じる空間で、鳥のさえずりや雨の音、冬は暖炉がぱちぱちと燃える音など、自然の音が心地よいBGMに。

画像4

四季折々の景色のなかで仕事をしていると、会社や自宅のデスクではわいてこない斬新なアイデアが浮かんできそうです。

画像5

▲気分によって場所を変えて仕事をするのもおすすめ

部屋は広々としたファミリールーム。施設にはテレビ会議用のスペースは無いので、オンラインの会議などはこちらの部屋が良いかもしれません。

画像6

部屋はミニキッチンつき。コムニタの畑で採れた新鮮野菜や、近くのまちの駅で購入したものも簡単な調理ができるので、長期滞在にもぴったりです。

館内はWi-Fi完備ですが、テレビ会議や頻繁にデータのやりとりが予想される場合は、ポータブルWi-Fiを持参すると安心です。

徒歩圏内でリフレッシュ

仕事の合間には、気分転換を兼ねて近くを散歩するのはいかがでしょうか。「ファームハウス・コムニタ」の周辺は、徒歩圏内にかずら橋や小川沿いの遊歩道などリフレッシュできる場所がたくさん。少し歩くだけでマイナスイオンたっぷりの大自然に触れ合えるのも池田町ならではの魅力です。

画像8

▲全長44メートルのかずら橋。池田町のパワースポットとしても有名です

木と、森と親しむアクティビティ

家族みんなが楽しめるのが「ファミリーワーケーション」の醍醐味。仕事に集中している間、子どもたちやほかの家族は池田町ならではのアクティビティを楽しみましょう!

池田町は県内最大の冒険の森「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」をはじめ、小さな乳幼児から小学生まで楽しめる木育施設「あそびハウス こどもと森/おもちゃハウス こどもと木」や木工体験ができる「ウッドラボいけだ」など、木や森を楽しむ体験が充実。

画像7

▲日本最大級のジップラインが人気の「ツリーピクニックアドベンチャー」

画像9

▲親子で木工体験に挑戦。道具の使い方からスタッフが丁寧に教えてくれます

里山の味に舌鼓

陽が傾き始めた頃に仕事は終了です。いつも以上に仕事のメリハリをつけるのもワーケーションを楽しむ秘訣。夜はコムニタで、農家ならではの旬の野菜にこだわった創作料理をいただきます。

画像10

▲1組ずつ土鍋で炊くごはんが絶品! 山の幸を存分に味わえます

食後は吹き抜けのスペースでゆったり本を読んだり、暖炉近くの囲炉裏を囲み、お餅を焼きながらほっこりしたり。天気が良い日は、屋外で焚き火を囲みながらの家族団欒も特別な時間が過ごせそうです。

画像11

▲コムニタのスタッフや宿泊者のみなさんと話が弾みます

画像13

▲家族で火を囲めば穏やかな気持ちに。普段なかなか言えないことが言えるかも

滞在中の出会いを楽しんで

滞在中、最も気になるのが近隣の観光地や飲食店の情報です。どこに行きたいかある程度インターネットで事前調査はできますが、地方に行けば行くほど情報が出ていないことも。

そんな時は「ファームハウス・コムニタ」スタッフに聞くのが一番! 池田町のことなら何でも詳しい上、スタッフのなかには県外からの移住者もいるので、思わぬ出会いにつながるかもしれません。滞在中はぜひいろんなことを聞いてみてください。

画像12

▲コムニタの澤崎さん(右)と笠原さん(左)。「私たちがお迎えします! 何でもご相談くださいね」

ゆったりとした大自然のなかで仕事が捗り、家族みんなが笑顔になる。そんな池田町での「ファミリーワーケーション」は、働き方を変えるだけでなく家族の関係も深まりそうです。


-----

【池田町でのワーケーションするなら】
ファームハウス・コムニタ
福井県今立郡池田町土合皿尾2−22−1
0778-44-7744
https://comunita.jp/https://comunita.jp/

【福井でのワーケーションのご相談はこちら】
福井ワーケーション協会
https://www.cowork-edu.com/


【移住のご相談はこちらから】
福井暮らすはたらくサポートセンター ( 福井Uターンセンター )
〒910-0858 福井県福井市手寄 1 丁目 4-1 AOSSA7 階
電話:0776-43-6295 ( 東京、名古屋、京都、大阪にも窓口があります)
Mail:fukui-utcenter@pref.fukui.lg.jp
https://fukui-ijunavi.jp/contact_us/window

福井の各市町について
https://fukui-ijunavi.jp/city_and_town/index


福井県公式就職情報サイト「291JOBS」
https://291jobs.pref.fukui.lg.jp/




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
「ハイタッチ!」とは、福井県で自分らしくイキイキ暮らす人を紹介し、さまざまな暮らし方・働き方、そしてこれからの生き方を発信するローカルマガジンです。 【ハイタッチ!公式ホームページ】▶︎http://hi-touch-fukui.jp/