ハーミットイン
🔰趣味人への道:オールドスクール・ファンタジーミニチュア入門
見出し画像

🔰趣味人への道:オールドスクール・ファンタジーミニチュア入門

ハーミットイン

🔰君がいるのは、ハーミットイン全コンテンツの入口ページだ🔰
<<<ハーミット・カウンシル総合もくじ
<<<ペイント大全総合もくじ

ようこそ

やあ! 俺の名前は籾山庸爾(もみやま ようじ)だ。ハーミットイン代表であり、ここ図書室(note)でのメイン執筆者も務めている。

オールドスクール・ファンタジーの世界は広大にして無辺だ。旅の途上には、数多くの危険と罠が待ち受ける。そして度重なる戦いと冒険の果てに名誉と栄光が、ないしは冷たき墓が君に用意されているのだ。

さあ、読み進めてくれ。血湧き肉躍る冒険世界が、君を待っている。


オールドスクール・ファンタジーミニチュアの世界へ

そもそも、オールドスクール・ファンタジーとは何であろうか?

オールドスクール・ファンタジーとは、我々一人一人の想像の中にある、血湧き肉躍る冒険世界だ。精密かつ迫力ある造形でありながら、人間サイズで3センチほどのミニチュアたちが、その冒険世界を君の手のひらに届けてくれる。

この血湧き肉躍る冒険世界をよく知る人もいるだろうし、馴染みのない人もいるだろう。ハーミットイン商店に並ぶミニチュアから「古き良き時代のメタルフィギュア」の流れを感じる人はいるだろうし、それはそれでいいと思う。実際に一部のミニチュアは、それこそ80年代初頭に発売されたものもあるし、ひょっとしたら君が子供のころ、欲しくて欲しくてしょうがなかった品々も並んでいるかもしれない。

だが、ハーミットインは懐かしメタルフィギュアを扱う場所ではない。全てが現行品ないしは最新の製品ばかりである。つまり、『現在進行形』で進む世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュアシーンを日本に届けるものなんだ。

ここで描かれるファンタジー世界を「懐かしい」と思う人には「おかえり」を、「新しい」と思う人には「ようこそ」というのが、ハーミットインのスタンスだ。俺がどんな経緯でハーミットインを始めたかは、「ゆきてかえりし物語」で書いた通り。

君が何歳かとか、どんなきっかけかとか、そう言うのは関係ない。オールドスクール・ファンタジーは、70年代や80年代にキッズだった人たち「だけ」のものじゃない。少なくとも俺が届けるホビーは、老若男女、誰でもがウェルカムされる場所でありたいんだ。よって、世代間のカベだの隔絶だのペレペレだのとかいうものを、俺は絶対に作りたくない。

だからこそ俺は、世代に端を発する「共通認識」とか「記憶」とかいった過去の遺産に頼りきるのではなく、全てを再構築する必要性を感じた。俺は、ただ商店に製品を並べるだけではなく、図書室であるここnoteを通じてミニチュアの製作法や楽しみ方を改めて提案&紹介し、オールドスクール・ファンタジーミニチュアの楽しさを、これからもたくさんの人に伝えていきたい。


ミニチュアの楽しみ方

ミニチュアをどう楽しむか。それは色々ある。単にコレクションとして集めるのも楽しいだろう。組み立ててペイントするのも楽しい。君のミニチュアがテーブルの上に立つだけで、そこには君のオールドスクール・ファンタジー世界が広がるのだ。ストーリーを作って楽しんだり、ゲームを楽しむ人もいる。ミニチュアでどうホビーを楽しむかは、君次第だ。

ミニチュアの楽しみ方については、以下記事で詳しく紹介してあるよ!

画像2

ハーミットイン商店

画像3

オールドスクール・ファンタジーミニチュアのセレクトショップ「ハーミットイン商店」には、1000種類を優に超えるアイテムが君の来訪を待っている。それらは全て、世界各地から集められた現行品、あるいは最新製品群だ。

商店でのミニチュア名は、各メーカーと合意の上で、「記号」としての名前が付いている。購入したミニチュアは、君が好きに名前と背景をつけてくれ。君が買ったミニチュアは、すでに商品ではない。君だけの、世界に二つとない宝物だ。ハーミットインの、あるいはメーカーのつけた名前に縛られる必要などないし、好きな色にペイントして、好きなように楽しんでくれ。


世界を創ろう。君の世界を。

ハーミットイン商店であれ、ここハーミットイン図書室であれ、その背骨をなす「オールドスクールファンタジー世界」には、俺が長年構築し続けているファンタジー世界を例として用いている。その世界の名前は、ハルクウーベンという。

画像10

ハルクウーベンは、かれこれ30年以上にわたり、今なお作られ続けている世界であり、1人用ファンタジーアドベンチャーゲーム『デス・オア・グローリー』の背景世界でもある。なぜこれを今改めて紹介し、ハーミットイン図書室を介して発表するのか? それは、俺が作ってきたこの世界を皆に見て欲しいからだし、できれば、一緒に楽しみたいと考えているからさ。だがそれは「俺の作った世界に来い」という類のものではない。これは一つの提案であり、例にすぎないんだ。

ハルクウーベンの地図には、大きな大陸が海の上に浮かんでいる。だが、この海の果てには、一体何があるのだろう? “まだ見ぬ陸地”とは、ひょっとしたら、他でもない君が想像し創造するオールドスクール・ファンタジー世界かもしれないのだ。

俺は、この海を、皆の「シェアワールド」のようなものに育てていければと思う。つまり俺のだけじゃなくて、色々な人たちのオールドスクール・ファンタジー世界がこの広い海原の果てで次々と生まれ、無限に拡がって行くのを、夢見ているんだ。

それぞれの大陸には、それぞれ異なる生態系があり、神話があり、国があり、歴史があり、文化文明があるだろう。それらは海を越えていつか交わるかもしれないし、いつまでも互いに未知のままかもしれない。でも俺は、ハルクウーベンを囲む海の向こうに、まだ見ぬ大陸が何個も何個もある気がしてならないんだ。そしてその陸地こそ、今まさに、君の手のひらにあるミニチュアたちが立つ大地に違いない。

俺は、皆の心にあるそれぞれのファンタジー世界を大切にして欲しいと願っている。だから、ハルクウーベンの設定こそがハーミットイン公式設定だと言うつもりは毛頭ないし、王道オールドスクール・ファンタジーだの何だのとブチあげるつもりも全くない。

ハルクウーベンは俺にとって宝物のような場所だし、本当に大切だ。これからも作る。でも、ハルクウーベン、転じて「ハーミットイン商店」の製品名も、時折紹介される設定や読み物も、あるいは、1人用ファンタジーアドベンチャーゲーム『デス・オア・グローリー』の世界観も、オールドスクール・ファンタジー世界の一例にすぎない。すべては、君自身の想像力と創造力を掻き立てるキッカケなのだ。

『デス・オア・グローリー』がどんな遊びかは、下の記事に詳しい。


オールドスクールファンタジーの具体例

ハーミットインが連呼する「オールドスクール・ファンタジーミニチュア」とは、単に古いファンタジーミニチュアと言うわけでも、昔ながらのコンテンツを懐かしみ、オークションの出物を買いまくる、と言うものでもない。現在進行形で今なお展開され続ける世界のオールドスクールファンタジーミニチュアシーンでは、さまざまなメーカーやブランドから魅力的なミニチュアたちが続々と発売され、現在進行形で販売されている。ハーミットイン商店に並ぶミニチュアは、全てが現行品なのだ。

そして同時に、その懐の深い“ゆるやかな世界観”もまた、さまざまな進化・分化を続けている。オールドスクール・ファンタジーの世界は、それを楽しむ人の数だけ世界が生まれるものだ。公式だの王道だのといった言葉は、オールドスクール・ファンタジーの自由で巨大なスケール感を包むには狭量すぎる。

ただ、オールドスクール・ファンタジーのイメージはあまりに自由すぎるがゆえ、具体性に欠けるとも表現できる。そこで俺は、『デス・オア・グローリー』や『ハルクウーべン博物誌』を通して、一つの具体例を出しているんだ。

『ハルクウーべン博物誌』は、無料で誰でも読める noteマガジンだ。それは、モンスターの名前とかをネット検索した時に、全然関係ないのとか、幻想生物としてのwiki的解説とか、あるいは全然オールドスクールじゃない解説に飛んだりしてしまう現在の状況を、俺なりに変えていきたいからである。まずはイントロを読んでみてくれ!

画像5


高い敷居を跨ぎたくなるような場所を見せたい

このホビーは楽しい。俺は大好きだ。ミニチュアを集めるのも、作るのも、塗るのも、ミニチュアでゲームするのも好きだ。アレコレと想像を巡らせ、資料をあさり、アイデアを書き溜めてファンタジー世界を創造し、ミニチュアにそれらを投影させるのも大好きだ。

昔からよく言われることだが、ミニチュアホビーに触れたとき、「スゲー」という反応をする人は意外と多い。そして、そのまま始める人もいるし、敬遠する人もいる。「スゴイね!」と言いつつ敬遠する人というのは、大抵その「やらない理由」も教えてくれるものだ。これらの「やらない理由」は、単品の場合もあるし、定食のごとく何品もセットで出てくることもある。

「オレは不器用だからできないよ」
「こんなにうまくできないから私やらない」
「えっ自分で塗るんですか?敷居が高いですね」
「これは高価ですね。ちょっと手がでません」

経験上、こうした「やらない理由」を持つ人は、おそらくどうせ始めない人である。だから、俺はそういう人に対してこのホビーをススメようとは思わない。敷居とやらをいくら下げたところで、ホビーの本質が変わってしまうなら価値がないと考えている。牙を抜かれた「誰でも始められるミニチュアホビー」とは、有名店の味を再現と謳う即席ラーメンみたいなものだ。確かに、そんじょそこらのインスタントラーメンよりは美味かもしれないが、それは店の味からはほど遠い。それは「気軽に食えるうまいインスタントラーメン」だ。いくら店の名前を掲げていても、「その店で行列してようやく食えるうまいラーメン」とは別物なのである。

誤解して欲しくないが、別に俺はインスタントラーメンを憎んでいない。それは、「ラーメンを食う」と言う文化を広げると思うし、「ラーメン屋には行かないけど家でインスタントラーメンを食う」と言う層の開拓にも繋がる。そもそも俺は、日清カップヌードルが大好きだし、マルちゃんの緑のたぬきだって好きだ。ペヤングソース焼きそばも食う(深夜に食うのはこないだやって懲りた)。インスタントラーメンは、素晴らしいものだ。悪いものじゃない。敷居を下げることって、大切だよ。

だが、俺個人としては、敷居をどう下げるか考えるよりも、その「高い敷居」をまたいだ先に待つ素晴らしい世界を大いに語り、多くの人に「高い敷居」をまたぐだけの価値があることを伝えたいんだ。そして実際に始めた人には、俺にできるヘルプをドンドンしていきたい。

やらない奴はやらないし、やる奴はやる。物事って、そういうものだろ?

画像6

これは君のホビーだ

ハーミットインでは、ミニチュアを通して、それぞれの人がオールドスクール・ファンタジー世界を楽しむ手伝いをしたい。オールドスクール・ファンタジー世界、そしてミニチュアホビー自体には、そんな懐の深さがあるし、俺は、変に息苦しいホビーシーンを作りたくないんだ。

「間違ってたらどうしよう」「詳しい人に突っ込まれたらどうしよう」。俺が君に贈る言葉は「ビビるな。そんな連中には中指を突き立てろ」である。

これはホビーだ。そして君の世界は、君のものだ。君がハーミットインで集めたミニチュアをどう作ろうが、どう楽しもうが、それは君のホビーだ。ホビーは自由なんだ。誰かに気を遣ったり、遠慮なんかしていたら、君の想像力と創造力はやがてしぼんでしまう。そんな勿体無いことを、どうかしないでくれ。

このホビーにとどまらず、カンペキを目指すあまりに途中で投げ出したり、あきらめてしまう人をたまに見てきた。人生の初打席でホームランが打てる奴などいない。でも、まるで最初からカンペキにやらなナランと尻込みして、自分はダメだ、自分にはできないと決めつけている人もいる。ホビーをしているのに、それで失敗したり、何か間違ったことをして誰かに突っ込まれ、恥ずかしい思いをするのを怖がってる人も多い。

俺に言わせれば、これは実にモッタイナイ・オバケ案件だ。ホビーなんだから、細かいところを気にせず、ガンガン楽しめば良いのである。ホビーはバクハツなのだ。

ペイントでも世界作りでも何でも、挑戦して、失敗して、フンジャカして、それで上達したり、より良くなっていくものである。生まれつきのジェダイ・マスターなどいない。皆パダワンからスタートするのだ。そもそも、ずっと100点満点の人生なんてあり得ない。失敗とは、敗けを失うことである。人生でもホビーでも、ビッグなミステイクを大いにしでかすべきだ。大事なのは、挑戦し続けることである。第一、うまいとかヘタとか、稚拙とか巧みとか、そういうのは「楽しさ」の前において、クソほどの価値もない。楽しいからやるのだ。上達とは結果であり、それが目的になってしまった途端、ホビーはつまらないものになるだろう。

君のミニチュアホビーをヘルプすべく、ハーミットインでは俺が伝えうるすべてを紹介していくつもりだ。その最たるものが、定期購読マガジンである「ハーミット・カウンシル」と「ミニチュアペイント大全」だ。しかし、俺がボガーンとブチあげる記事もまた一つの助言、一つの例にすぎず、絶対のルールなどでは決してない。そもそも俺だって、君と同じ、一人の趣味人なのだ。俺にできる事は紹介と提案だけである。俺に俺のホビーがあるように、君のホビーを、君の好きにやりなよ。そして一緒に楽しめれば、サイコーだ。


関連タグの紹介と二次創作に関するガイドライン

自由でのびのびとした空気は、ホビーを思いきり楽しむ上で絶対必要だ。変に遠慮したり、萎縮したりしていては全然おもしろくない。そこでハーミットインでは、各種の関連タグや二次創作に関する明確なガイドラインを策定し、みんなが心配したり不安にならずにホビーを楽しめる環境を守ることにした。


ミニチュアペイント大全

定期購読マガジン『ミニチュアペイント大全』は、月2回のペースで連載される、ミニチュアペイント製作ノウハウ集だ。これからホビーを始める初心の友向けのエントリーに始まり、現在まさにアクティブに製作を楽しむ人、あるいは熟練した趣味人でも新たな発見があるだろう。

現在の全エントリーは下の「目次」で確認できる。日本語で読めるペイントガイドとしてもっとも広範かつ詳細なものであり、その分量は今後ますます豊かになってゆく。その分厚いサポート&フォローの内容は、総合もくじで確かめてくれ。

なお、一部のエントリーは発表からしばらくすると「アーカイブ」として個別有料記事化される。アーカイブされた時点で既に定期購読している人は別途購入せずに読めるが、アーカイブされた月以降に定期購読を開始した人は、それぞれ別途購入が必要となるので気を付けてくれ。つまり、定期購読をより早く開始し、より長く継続するほど、バリューが高まる仕組みだ。


ハーミット・カウンシル

定期購読マガジン『ハーミット・カウンシル』は、ハーミットイン図書室の中核コンテンツだ。『ミニチュアペイント大全』に加え、カウンシル専用のクローズドな特別記事の数々にも自由にアクセスできる。

加えて、購読者だけが招待されるDISCORDサーバーがあり、そこでは、メンバーたちが雑談を楽しんだり、8310(ハーミット)ラジオが放送され、毎回大きな盛り上がりを見せているよ。

毎月、ペイント大全の新規エントリー2個に加え、特別エントリー2個の計4個の記事追加を約束しているけど、傾向として、月に8回ぐらいの記事追加がある。つまり、ペイント大全単体での購読よりも、はるかにバリューが良いと言うことだ。

なお、一部のエントリーは発表からしばらくすると「アーカイブ」として個別有料記事化される。アーカイブされた時点で既に定期購読している人は別途購入せずに読めるが、アーカイブされた月以降に定期購読を開始した人は、それぞれ別途購入が必要となるので気を付けてくれ。つまり、定期購読をより早く開始し、より長く継続するほど、バリューが高まる仕組みだ。

画像8

カウンシル特別記事は、いずれもオールドスクール・ファンタジーミニチュアに関連するものが主軸を占めており、国内シーンにおける情報発信最前線となっている。商店の最新情報、アイテムレビュー、ハーミットインの近況報告、ホビーの楽しみ方提案、ホビーシーンの歴史や逸話を振り返る記事、さまざまなシリーズ記事など、いずれもカウンシルでなければ読めないものばかりだ。また、1人用ファンタジーアドベンチャーゲーム『デス・オア・グローリー』のサポートメディアとしての役割もになう。

その圧倒的なボリュームを総合もくじで確かめてくれ。


このホビーは沼じゃない。たくさんの山があるんだ。

趣味を沼に例える人がいる。「ハマる」からだという。確かにうまい表現だと思うし、そう思う人が多いのも頷ける。ただ俺自身、このホビーを始めてかれこれ30年以上になるけど、ハマっているつもりは毛ほどもない。深みに落ちていくのではなく、山登りをしている感覚に近いんだ。そしてその山は、ホビーを楽しむ人の数だけある。

ここには、階層なんてものはない。初心の友もベテランも、スキルの高低も関係ない。みんなが同じホビーを楽しむ趣味人仲間なんだ。

俺の場合だと、山頂が未だ見えないこの山登りが楽しくてしょうがない。何せ、越えても越えても次の尾根が見える。「ここへ来てみろ」と俺を挑発するんだ。そして俺は、進むたびに新しい知識やスキルを身につけ、もっともっと楽しくなってくる。多分、いつまでも頂上にはつけないだろう。それが面白い。景色は美しく、さらなる冒険をしろと語りかけてくる。死ぬまで俺はこのホビーと人生を楽しむだろう。長生きしたいものだぜ。

さあ、みんなで一緒に楽しもう! オールドスクールファンタジーミニチュアの世界へ、ハーミットインへようこそ! 

画像10
ハーミットイン商店をたずねる
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハーミットイン

寄せられたサポートは、ブルボンのお菓子やFUJIYAケーキ、あるいはコーヒー豆の購入に使用され、記事の品質向上に劇的な効果をもたらしています。また、大きな金額のサポートは、ハーミットイン全体の事業運営や新企画への投資に活かされています。

どうもありがとう!
ハーミットイン
🔱*オールドスクールファンタジーミニチュアの世界へようこそ*🔱 🔰入門記事『趣味人への道』→https://goo.gl/TAJCDE🔰 メイン執筆者:籾山庸爾(ハーミットイン代表)