鈴木重毅@しーげる
創業3周年です。
見出し画像

創業3周年です。

鈴木重毅@しーげる

6月3日は弊社の設立日。というわけで無事に3周年を迎えることができました!

編集長時代も最初の3年を乗り切れるかどうかが勝負と思って日々ドキドキしていましたが、起業の最初の3年はまた全然違うプレッシャーがありました。

でも、3期目も増収増益で終えることができて、明るい状態で3周年を迎えることができて、とりあえずホッとしています。

なんとか最初の3年を無事に乗り越えられたのも、関係者の皆様、応援してくださってる皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

この1年を振り返ってみると。
3期目も引き続き『ゆびさきと恋々』『うるわしの宵の月』が絶好調。この1年もその2作品に引っ張っていただき、森下suuさん、やまもり三香さんには本当に感謝しています。

『ゆびさきと恋々』はミュージカル化、もさを。さんとのコラボMV、『うるわしの宵の月』は「サントリークラフトボスストレートティー」とのタイアップなど、3期目も色々初めての体験もさせていただきました。両作品とも商品化も続々と実現し、嬉しかったです。

そして、piroさんと初めてのwebtoon形式の漫画作品への挑戦。紙媒体の見開き漫画とは全然違う作り方、進行などに試行錯誤の日々でしたが色々勉強になりました。一度目は短い挑戦になってしまいましたが、現在二度目の挑戦に向けて準備が進んでいるところです。次の作品を楽しみにしていてください。

同じく、みかみふみさんの連載も残念ながら短めで終わってしまいましたが、こちらもまた頑張って新作を発表していきますので、よろしくお願いします。

スピカ賞受賞組からデビューした卯月ココさんは、初めてのシリーズ連載を実現!現在連載中です。『ほてりほてってファーストキス』応援よろしくお願いします。

同じくスピカ賞受賞組からデビューした音羽すずめさんも、順調に作品が掲載されていますので、これからどんどん成長してくれると思います。

「少女まんが勉強会」は延べ参加者が2,300人を突破。森下suuさんのゲスト会も実現でき、今度はやまもり三香さんのゲスト会も開催します!
個別の相談を受けている「まんが相談会」は100人を超えたところで、一旦休止とさせていただいてますが、今後も何かしら漫画家さんたちの力になれることをやっていきたいと思っています。

講義の依頼も途切れずいただき、3期目は講談社の漫画部署全体に向けての講義もしました。ファンギルドさんでの講義や、コルクスタジオさんでのフィードバック会は、毎回みなさん熱心でとても楽しい仕事でした。(コルクスタジオさんは継続中)

noteの編集者サークルもオンラインでの交流がメインではありますが、楽しく続けられていて、刺激にもなっています。最初は誰か参加してくれるかなとドキドキでしたが、常時70人くらい参加してくれていてありがたいです。

そう言えば、初めてテレビにも出させていただきました。貴重な経験でありがたかったです。

その他、水面下で進めていることも色々あって、3期目はよく働いたなあと思うし、あっという間に時間が過ぎ去っていった1年でした。

4期目はどんな年になるでしょうか。

最初の3年は足場固めと、なんでも体験してみることを大切にしてました。

ほぼ個人事務所状態の会社としてできることは、なんとなく一通りやれることをやった気もするので、これからは少し会社を成長させる方のことも進めていきます。

人を増やすとか、漫画家さんを増やすとか、事業を増やすとか。少しずつですが、個人事務所状態を脱していこうと思っています。

事務所ももっと広い所へ引っ越したい。もっと色んな人に来てほしい。

色々実現できるように頑張ります!

「物語を元気にする。物語を作る人も元気にする。」そのために、ますます成長していきます。4期目もどうぞ温かい目で見守ってください。引き続きどうぞよろしくお願いします。


※今年もみんなでお参りに行きました。
なぜか、お参りに行ってる間だけもの凄い雷雨。
きっと神様がおいでくださったのだと思いたい(笑)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鈴木重毅@しーげる

サポート機能を使うことにしました。いただいたサポートは、また他の誰かをサポートするのに使わせていただきます🙇‍♂️

ありがとうございます!フォローもぜひ*\(^o^)/*
鈴木重毅@しーげる
少女漫画誌「デザート」の編集長を6年務め2019年講談社を退職。漫画家さんのマネジメントを行う株式会社スピカワークス代表。 担当…森下suuさん「ゆびさきと恋々」やまもり三香さん「うるわしの宵の月」。他「僕と君の大切な話」「春待つ僕ら」「好きっていいなよ。」「となりの怪物くん」。