初めての旅の完結。
見出し画像

初めての旅の完結。

鈴木重毅@しーげる

今年ももうすぐ終わりですね。

今年も色々と初めての挑戦をしましたが、1番のものは初めての縦スクロール&オールカラー形式の漫画への挑戦でした。

piroさんの『暴食少女は氷の王子様の心が食べたい』です。

ネームのやり方から、入稿の仕方、校了の仕方まで何もかもが今までと違うので最初はだいぶ戸惑いましたが、どんなことでも初めての挑戦は楽しいもので、色々と発見も多くて充実した挑戦の日々でした。

その連載ですが、残念ですが長い旅路にはならず、12月に全44話で完結となりました。

ですが、piroさんが最後まで本当に頑張って素晴らしい物語に仕上げてくれたと思っています。特に物語のクライマックスを迎える後半はハラハラドキドキ、一体どうなってしまうんだろうかと手に汗握る展開の連続です。もちろん、愛にあふれた素敵なシーンも沢山出てきますし、オールカラーならではの美しい魔法のシーンも必見です。

よろしかったら、冬休みの間にガッツリまとめて堪能していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。


以下は、大まかな内容です。

ひょんなことからイケメン3兄弟が営むカフェに住み込み働くことになった、主人公のらら。

表紙 暴食少女4

だけど、その兄弟たちには実は氷の魔法を使えるという秘密があり、氷の魔法がかかった飲み物や食べ物を摂取すると心が凍ってしまうと、、、。

画像2

画像3

それでも、一緒に暮らし、氷の魔法を溶かしていくと決意するらら。

画像4

末っ子のふーちゃんと仲良くなるのを機に、次第に兄弟たちとも打ち解けていくらら。

画像5

画像6

画像7

だけど、兄弟たちもその母親から心を凍らせられていたことが分かり、次第に封印されていた痛みと向き合うことに。

いじめをきっかけに心を凍らせられた次男・ナツキは自分の好きだったものを閉ざし、、、。

画像8

画像9

三男・アキトは夢だった漫画家への道が開けそうな時に、辛い試練に直面、、、。

画像10

画像11

彼らの弱さ、痛みに触れるたびに、氷の魔法を食べて彼らの心を浄化するらら。

画像14

さらに母を亡くした記憶を封印されていたふーちゃん。

画像13

愛する心を凍らせられていた長男・ハル。

画像14

彼らにもなんとか向き合おうと頑張るらら。

しかし、本当は自分の家族との問題もあって、自らの心も押し殺し続け凍らせていたららは、ついに限界を迎えてしまい、感情が爆発。

画像15

画像16

美味しいものを食べる時だけが唯一の幸せで、みんなの幸せのためにどんな大変なことでもやり遂げ、触れ合う人たちの凍った心を食べ続けた優しいららは、違う意味での「暴食少女」に変貌してしまうことに。

彼女は元の優しい少女に戻れるのか。そして幸せを掴むことができるのか。

画像17

魔法と恋とドラマが詰まった、愛と成長の物語。

ぜひ最後まで、彼女たちの物語を読んでみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鈴木重毅@しーげる

サポート機能を使うことにしました。いただいたサポートは、また他の誰かをサポートするのに使わせていただきます🙇‍♂️

よかったらフォローもお願いしますm(_ _)m
鈴木重毅@しーげる
少女漫画誌「デザート」の編集長を6年務め2019年講談社を退職。漫画家さんのマネジメントを行う株式会社スピカワークス代表。 担当…森下suuさん「ゆびさきと恋々」やまもり三香さん「うるわしの宵の月」。他「僕と君の大切な話」「春待つ僕ら」「好きっていいなよ。」「となりの怪物くん」。