見出し画像

ジンバブエ英語、はじまります

さて、今週からジンバブエ人から英語を習うことにしました。少しでも生徒や同僚とスムーズにコミュニケーション取れるように。

ジンバブエ大学の英文科卒、現在は高校の英語のノラ先生を紹介してもらいました。
わたしの活動先のご近所さん。

週に2回、各回1-1.5時間ほど。
気になるお値段は、週2回でUS5ドル。月8回で20ドル(約2200円)とありがたい価格。
お隣モザンビークの女の子に一回あたり2ドルで毎日教えてたと聞き、それに少し上乗せしてキリのいい数字にさせてもらいました。

学習内容は、リスニングとスピーキングメイン。
ジンバブエの高校の教科書を使います。

わたしは、Toeic700,ケンブリッジ検定PETレベルです。オーストラリアで語学留学して、ケンブリッジ検定FCE(これがあれば現地の履歴書に書ける最低レベル)取得めざして毎日10時間くらい勉強してたこともあります。(結果FCEは落ちて、PET)

それでも自信なんてつくことはなく、舌足らずなこともあり、発音は特に苦手で、最近はもうなんだか人と話したくなくなっていました。
リーディングも嫌いです。

高校の教科書はおもしろいです。
ジジイのジャイロスの話。

いきなりこんなじいさん登場させるなんてぶっとんでます。
ジャイロスは、年金生活、
服洗わないからカーキの服が茶色いとか。
たばこと賭け事が大好き。
貧乏でいつも人んちでタダ飯の図。おかわりしまくり。

今は変わりつつあるけど、女の子が食事の後片付けをし、男の子は食べたら遊んでるのだとか。

ジンバブエの文化を教科書から学んでいます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

To nana (トーナナ ジンバブエの現地語で「またね」)
9
アフリカのジンバブエでグラフィックデザインの先生(2019-2021)。 ジンバブエ断続的停電、断水の日々。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。