見出し画像

常に最速スピードで開発するために - 酒井翼

社員インタビュー第1弾
「Goodbye past, Hello future.」をミッションに株式会社ハローで働くメンバーのリアルな声をお届けします。

今回は、フロントエンジニアの酒井翼さんに話を聞きました。

酒井翼
2017年 株式会社ハロー入社 
フロントエンジニアとして創業当初から開発に携わる。

ー 現在の仕事内容を教えてください。

アプリ/サイトの開発を担っているフロントエンドのエンジニアです。PM/デザイナーとタッグを組み、新デザイン/新機能の実装はもちろん、サービス全般の開発とメンテナンスを担当しています。直近では、サイトの海外進出に向けた多言語での表示を実装させる等、開発業務内容は多岐に渡ります。

”自分が使うサービスを開発したい”


ー ハローとの出会いを教えてください。

大学卒業後にKDDIの子会社に入社し、エンジニアとしてブログのサービスの開発を担当していました。仕事は充実していたものの、サービスの対象がシニア層であったことや、開発の一部分しか携われなかったため、“自分が実際に使うサービス”“ゼロベースで開発に携わりたい”という思いを抱くようになっていました。
そんな日々を過ごしていた2017年夏、友人の杉本(現ハローCTO)にランチに誘われ、唐突にオートリザーブのアプリを見せられました。その時に、これまた唐突に“一緒にやらない?”と声をかけられたのが、ハローとの出会いです。

”世の中を変えるプロダクトだと確信”


ー 入社を決めた理由はなんですか?

一番の理由は、オートリザーブというプロダクト自体に共感できたことです。オートリザーブは、電話をかけることにずっと苦手意識があった自分が実際に使うイメージができたのと、自分のような人への助けになる=世の中を変えていけるプロダクトだと確信をもてました 。
また、AIで電話をかけるサービスは、大企業ではできないベンチャーならではの挑戦だと感じました。
実際に代表の播口に会ってみると、年齢が近いにも関わらず志が高く貪欲で、素直に尊敬できる人物だと思いました。それでいて親切で丁寧なコミュニケーションをとる人柄に惹かれ、入社を決めました。

”加速する自分の成長スピード”


ー ハローで働く魅力や醍醐味は?

一番の魅力は、常に自分の成長を感じることができる点です。ビジネスが成長を続け、求められるエンジニアの能力も変化しています。それにアジャストしていると、自分の成長スピードが加速し続けていると確信できます。
毎日何かしら自分の中でスキルアップできていると実感できる環境は、なかなかないと思っています。

”全力でビジネス成長に向き合えるメンバー”


ー 社風やメンバーの雰囲気はどうですか?

メンバー同士の距離が近く、フラットにお互いフィードバックができる関係性です。また、仕事はプロフェッショナルに取り組みつつも、全力で遊ぶというバランス感覚のあるメンバーが揃っていると感じます。

”徹底されたシームレスなコミュニケーション”


ー 会社の雰囲気について教えてください。

リモートでも情報格差がなく、Slackを見るだけでビジネスの全体の流れを把握できるのも、働きやすさの一つです。そのため、数か月に一度海外に行ってリフレッシュしながら、ワーケーションするようにしています。

”開発のスピードは常に最速”


ー 今後の目標を教えてください。

エンジニア3名で始まったハローですが、現在は業務委託含め数十人のエンジニアを抱えます。個人プレーからチームとして開発をする体制に移っていく中でも、、常にスピード感を持つことは一番大切にしています。素早くリリースをして、どんどんアップデートを重ねていけるのは、スタートアップの一番のアドバンテージ。今後も規模が拡大していくと思いますが、意思決定からユーザーにサービスを届けるまでのスピードを常に最速にしていく。そんな開発体制を整えていけたらと思います。

ー ハローに興味がある方へ何かメッセージをどうぞ。

結果を出せばクリアに評価に反映され、自分にも還元される会社です。スタートアップで、高いモチベーションを持って働きたい方にはぴったりの環境だと思います。またエンジニアとして1からの開発に携わりたい方にもおすすめです。
今後は海外展開も視野に入れているので、数年腰をすえて、大きいものを作っていきたい方/ 日本だけではなく海外のビジネスにも挑戦していきたい方がいらっしゃったらぜひ仲間になっていただけたらと思います。

この記事が参加している募集

#社員紹介

6,531件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?