見出し画像

すべての人の幸せと利益のために

12/26(木)14:13〜22:13は、山羊座の新月です。

山羊座のキーワードは、目標設定と時間。

願望実現へ向けての目標設定に適している新月の時間を活用して、2020年のパワフル感謝臨場感を味わう時間のエネルギーを感じてみましょう。


時間は命、誰とどのように過ごすのかを意識していると、一瞬一瞬が貴重な体験となって、まさしく時間の使い方は、命の生かし方そのものと認識することができます。


新月を意識して過ごすのも、時間や自分と向き合う機会をつくることにつながります。

それが、いつも一瞬一瞬できるようになるきっかけとなる機会であれば、なおさら嬉しい・楽しい時間は増えることでしょう。

いつも一瞬一瞬意識してあることでさえ、パワフルになる!そんな1日1日を祝福して、『安全な言葉』と笑顔を誰にでも向けられる自分であること、命でもある時間から楽しみ・嬉しさ・感謝のエネルギーがあふれる人との関係性であることを、私は意図し続けます。


こちらの開運カレンダーは、みなさまへのクリスマスプレゼントです。

これまで各種講座やコンサルティングでお渡ししておりますカレンダーは限定品ですので、こちらの一覧表に個性鑑定結果をもとに開運日が太枠で表示されるようになりましたので、ご了承くださいませ。

画像1

上記の内容のように、開運LINEハートリテラシー  にご登録いただきますと、月1・2回吉日に開運メッセージをお届けしております♪

⬆️こちらから、ご登録お願いいたします。


コーチング理論やコンサルティングに関する内容は、メールレターでお届けしております。

http://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/96511


2019年元日はKIN68

太陽の紋章:黄色い星、ウェイブ・スペル:白い世界の橋渡し、渋沢栄一と同じKIN68で、エネルギーの一致が祝福しているようです。

今年は、新元号の発表に続いて、紙幣刷新の発表がありました。

良書は、知財と精神のエネルギー源になりますから、さっそく新1万円札の肖像人物である渋沢栄一著、渋沢百訓を読みました。

この一冊でもお人柄が十分に伝わってくるのですが、郵便貯金だけでは万能といえなかった時代、貯蓄機関を万人が望むものと考えて、銀行設立にもご尽力されていました。

また、本著の「人生観」という一節にも、読者に対して自分自身に盲点や偏見がないことを願っていて、その上で、「人生観の主観と客観」について論じており、日本人実業家として客観的とは何かを考えていた点が、この時代としては最先端であったと私は思います。

その中で独立自営という言葉には、これからの時代を象徴している利他的精神を重んじる社会を予見しているとさえ感じます。

商業大学の設立も実現されて、まさしくこれからの時代こそ必要な、商業の教育者として相応しい人物ではないでしょうか!



「命」と「禾」、0(レイ)と8(ワ)の神秘的な関係

2019年5月1日から、新元号「令和」の時代がはじまりました。

「令」と「和」の組合せは、とても神秘的な関係で、この字形には「命」と「禾」という形が含まれています。

文字通り命(いのち)とイネ・アワを意味する禾(か)。

イネの花言葉は神聖、アワの花言葉は生命力・調和・利益。

そして、0(レイ)には、わずかなという意味と、ゼロ(全く無い)という意味があり、限りなくゼロに近い消失の状態からの新しい始まりを表しています。
また、8(ワ)は、個と宇宙のどちらも含んでいて無限を意味していることもあって、ことばの響きからもイメージがつながっています。

2019年5月1日は、太陽の紋章「黄色い星」、ウェイブ・スペル「青い夜」。

「黄色い星」は愛と調和、「青い夜」は夢と豊かさ。

字形・音・その日のエネルギーの意味が合致していて、新しい時代そのものにも祝福エネルギーがあふれています。



平成から令和へ

平成のはじまりの日(1989年1月8日:KIN45、太陽の紋章:赤い蛇、ウェイブ・スペル:黄色い太陽)、そのエネルギーが何を象徴しているかも算定と一致していて、まとめると、欲望とそのコントロール・個々の個性の輝きと主体性・円満さが力を発揮していた時代。

令和のはじまりの日(2019年5月1日:KIN188、太陽の紋章:黄色い星、ウェイブ・スペル:青い夜)、愛と調和の力が発揮されて、叶えたい夢を応援し合い、夢や豊かさの実現力が高まる時代。

平成も令和も同じ銀河の音6。

銀河の音6は、平等と組織力・リーダーシップを意味していて、平成には文字通り平等の「平」が含まれています。

安部首相(KIN6)も銀河の音6ですから、時代のリーダーとして、ぴたりと一致していたわけです。

一方の昭和(1926年12月25日:KIN21、太陽の紋章:赤い竜、ウェイブ・スペル:白い魔法使い、銀河の音:8)は、調和と助け合いの精神や純粋さが魅力となり、カリスマ的なリーダーが活躍する時代でした。

時代の方向性をいち早く察知して、方向性を一致させた時間とエネルギーの使い方をすることが、やはり幸運の流れに乗る秘訣です。

それで、令和の時代になるということは、何か支配的な力でコントロールされること・することではなく、夢実現エネルギーが高まって、愛と調和を大事にしたら上手くいきますので、力んでなんとかしようとする時代ではないですね。
美しく豊かさを目指していったら夢が叶っちゃうってことだから、シンプルで優しくてココロが温かくなることを選択していったらいいんです。

だから、起業家や起業準備中の方にとって、最高の時代となることも想像できます。

令和時代の日本が、優美さと夢実現力で、これからの世界のリーダーを担い、世界中から愛される豊かな国となることでしょう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハートリテラシー

こちらをお読みくださり、ご縁に感謝いたします!より多くの人の自信・豊かさ・才能開花に貢献するためのサービス向上にご支援お願いいたします。

ありがとうございます(୨୧•͈ᴗ•͈)
明るい未来へ送り届けるセルフコーチング活用術✦コーチング理論やアファメーション・ビジュアリゼーションの仕方、占いの活用術をお伝えしています。https://heartliteracy.com/