竹内 隼人/東京ブロック協議会2021年度会長

(公社)日本青年会議所関東地区東京ブロック協議会第50代会長。JCI東村山21監事。(株)ハウジングアーキテクト建築設計事務所代表、結企画工房株式会社代表、シェアオフィス結musubi運営。ビジネスで地域経済、社会貢献に繋げ、青年会議所の学びをビジネスに転換し日々実践中!

竹内 隼人/東京ブロック協議会2021年度会長

(公社)日本青年会議所関東地区東京ブロック協議会第50代会長。JCI東村山21監事。(株)ハウジングアーキテクト建築設計事務所代表、結企画工房株式会社代表、シェアオフィス結musubi運営。ビジネスで地域経済、社会貢献に繋げ、青年会議所の学びをビジネスに転換し日々実践中!

    マガジン

    最近の記事

    地球🌏と次世代👦👧のために

    私たちは、 自分らしく笑顔で暮らせる社会を実現します! でもね。 一人では限界がある。 一人の1000歩より、1000人の一歩を目指します! 子どもたちと未来を描きます。 ▼▼詳しくはこちら▼▼ https://kmgw.musubi-k.jp/22sdgskids_ambassador/ それでは。

    スキ
    1
      • 青年会議所×SDGs~理解から改善へ~

        青年会議所活動最後の一年。 何を伝え、何を残し、より良くなることを考え続けた結果 今回は、以下の内容を書き示すことにしました。 ※以下、黙読時間5分。 青年会議所に入会したことで視野が広がり、視座が広がりました。これだけで人生変わったな。と思ってます。地域や各地で行動を起こしている仲間 多くの価値観に触れることが出来ることJCで得ることができるベネフィットです。得るものがあるからこそ、最大限の効果に繋がります。 今から書くことは、体験、経験、実践を通して思うことを書き並べ

        スキ
        1
        • 2021年度東京ブロック協議会の振り返り。そして、未来への挑戦。

          2021年1月1日東京ブロック協議会会長という職を預かり、12月31日の最後の1日をもって会長という担いを終えることになります。  役員をはじめ、24LOMの理事長の皆さま、全てのメンバーの皆さまに感謝と御礼を申し上げます。また、会長という職のなかで、関東地区、そして、日本青年会議所の皆さま。特に8ブロック協議会の会長の皆さまには数々のご協力、ご支援ありがとうございました。この1年を通して私自身も数々の機会において学び得ることができました。ありがとうございました。  さて、

          スキ
          1
          • どこよりも早い「日本青年会議所」2022年度事業計画書の勝手な解説

            はじまり この内容は、2022年度より新しくなった事業計画書について、経験をもとに勝手に解説していることをご理解ください。  まずは、数年に1度進化している事業計画書。時代や社会の変化や組織のめざすべき未来に向かって、会員一人ひとりが日々成長と発展をしていく機会の一つとして事業計画書を作成するという作業があります。これは、ビジネスにも応用できることです。2021年度までの事業計画書よりも未来を描く、何よりもビジョンを持つことの大切さを持ち続けてほしい。という想いからの進化し

            スキ
            11

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 硫黄島事業報告2017

              公益社団法人日本青年会議所関東地区協議会では青少年健全育成事業として2008年より硫黄島事業を行い続け、2017年で10回目の開催となります。2017年度では教育再生委員会が、この硫黄島事業を担い運動を展開してきました。  私たちが行ってきた2017年度の硫黄島渡島事業は、硫黄島ガイダンス、硫黄島渡島、一般報告会を一連の流れとして捉え、未だ帰れない先人たちの想いを伝え続ける人材に繋げるために、青少年世代(29才以下)と共に教育再生委員会メンバーが地に足をつけ、知識を深め学び続

              スキ
              2
              • ビジネスの機会Twitter投稿のまとめ1

                少し前からTwitterにて「ビジネスの機会」について連続投稿しています。 少しでも青年会議所の良さを感じてもらえると嬉しく思います。 とりあえず10まで進みました。 先行してTwitterでは投稿を続けていきます。 それぞれの価値観のなかでJC活動をしていると思います。 皆さまが生み出した価値を活用できる人材に成長することを願います。

                スキ
                3
                • 82.1%が表す団体の真実

                  【82.1%とは】 現役の皆さん! この数字は何の結果でしょうか。 #知りたい方は理事長に聞いてください #理事長の皆さまは知っている #私もまだ現役です 私はこの結果を聞いても少数意見派です。 残りの18.9%。 私はもとより求めていく性格(笑) そして、この団体で常に成長したい。 と、意識を忘れずに持ち続けています。 各地のLOMの理事長の皆さんも そうであろう。 何のために京都の地に集まったのだろう。 言葉を拝借したら 数字は嘘をつかない。 いま、この組織に属するメンバ

                  スキ
                  1
                  • オンラインを活用したビジネスの成長発展に向けて

                    はじめにいつもありがとうございます。 早くも3月を迎えました(笑) 歳を重ねる月でもあります。 何があるわけでもありません。 毎日楽しく、そして、実りある日々を過ごしてます。 最近のできごとさて、今日の本題の前にお話することがあります。 東京ブロック協議会の会長として次年度段階から始まり 半年が過ぎました。※8月~3月。 先月から次年度の選挙管理委員会も立ち上がり 早くも2022年の足跡が付き始めました。 このコロナ禍において青年会議所運動が これまでと同じ様なことが出

                    • 青年会議所のビジネスの機会を探求してみる~JCと仕事の心構え~

                      はじめに2021年もはやくも2か月が終わりました。 早いですww 東京ブロック協議会の会長となり活動内容を少しずつ アップしていこうと思いましたが・・・ 早くも残りわずか10ヶ月(笑) 青年会議所人生もあと2年。 未来のために残せるものを残していきます。 私は入会当時から、JCはビジネスに繋げるべき。 と、考え活動してきました。 これまで思うところは上記にアップしているので お時間ある方はご一読ください。 最近の出来事会員会議所会議も2回が終わり、本格的に運動がスタート

                      スキ
                      2
                      • 事業計画書を作るにあたって

                        スキ
                        1
                        • Clubhouseをやってみた

                          今回は初体験の報告です。 はやりのClubhouseに参加しました。 声だけで参加するSNSラジオですね。 気軽に聞ける?参加できる媒体としては、結構感動しました(^^♪ しかし、使用する場合にしてもルールを整理しつつ 楽しく活用できるんじゃないかと思いました。 参加で学んだこと・気づいたこと ・ZOOMにない、スムーズな会話、音声良好 ・clubhouseを使って地域の若者と情報収集 ・デジタルLOMへの足掛け ・ビジネス×SDGs ・拡大に使う ・

                          スキ
                          2
                          • 未来をデザイン~デジタル社会に適応したJC・LOMとは~

                            皆さんこんばんは。竹内です。 最近の状況を説明しますと、 東京ブロック協議会としては、1月の事業が終わり、2月のクールに入り 今後の事業に向けて確実に前に進めています。 #一月の事業経験をこれから先の運動に役立てます それよりも、昨晩13日の夜に東北地域の一部を中心とした 地震が発生しました。 マグニチュードも7.3と少し大きめです。 いまのところ、大きな被害が無いようですが 一部の地域では停電や塀の倒壊、火災、けが人がいるようです。 私たちの仲間が多く活動している

                            スキ
                            3
                            • 東京ブロック協議会 事業のご案内

                              詳しくはホームページを参照してください。 皆さん こんにちは。 東京ブロック協議会2021年度会長を務めています 竹内です。 今日は、東京ブロック協議会の事業についてご紹介します。 以下“ホームページ”引用 事業を実施する背景として、日本の経済において、これまでは多くの企業が東京を集まり、そこを中心として経済を発展させてきたが、昨今は前年度に比べて経常利益等が減少、その回復するのに数年かかるという予測されています。 この、変化していく社会情勢の中で、経済の中心である

                              スキ
                              2
                              • 青年会議所のビジネスの機会について探究してみる2~背景構築~

                                みなさん。おはようございます! 本題に入る前に直近の現状について報告します! ホットな話題だと、仕事の話です。 もうすでに走り始めていますが、 2021年度は始まるにあたり 昨年から準備していたこが前に進みはじめました。 少しずつ表面化してますので 気になる方はホームページをみてください。 https://house-archi.biz/ ※随時アップデート中 少しばかり語ると、 近年障がい、特に自閉症スペクトラムに対する 人口が増えてきている現状があります。 同時に

                                  • 建築設計×社会福祉×SDGs

                                    見ている皆さまありがとうございます。 竹内です。 近況報告です。2月2日は節分でしたね。 例年2月3日ですが、今年は1日早いとのことです。 玄関、軒下で「豆まき」を子どもたちにさせてあげようと 早い段階から、準備し、段取りしていていました。 いざ、当日となると 準備していた「恵方巻」を黙って食事して 食事の時間が終わってしまいました(笑) 「豆まき」をしていないことに気付いたのは 翌日の夕方のことです。。。 奥さんからlineがきて、昨日豆まいてない。と・・・ 仕方