八極拳の特徴、李書文の八極拳の特徴と李氏八極拳、八極拳の練習法
見出し画像

八極拳の特徴、李書文の八極拳の特徴と李氏八極拳、八極拳の練習法

八極拳とは、清代の中国河北省滄州の孟村に発祥したと伝えられる中国武術です。

八極拳の風格は、中国では、「陸の船」とも形容され、歩法の運用も細密なため、一般的に接近した間合いでの戦いを得意とする武術です。

そのため、近接短打以外の技法を補完するために、劈掛掌(劈掛拳)などと併習して学ぶ系統が多い武術です。


八極拳の歩法と練習法


震脚と呼ばれる、足を踏み鳴らす技法や、重心移動や体勢の急激な展開動作を行うことで、技の威力(発勁力)を発現させます。

また、馬歩椿歩などの基本功(基礎訓練法)と、小八極拳(八極小架)という套路(型)によって、基礎的な技術を養成し、大八極拳(八極拳)、六大開拳、八大招式などの套路(型)で威力に実戦技法を加えていきます。


八極拳の戦闘法


八極拳は、一般的には、接近戦闘を重視する戦法をとる為、肘を使った肘法(頂肘)や、肩や背面部で打つ靠法(貼山靠)などの攻防技術を使います。

花招(見せかけのみの技)が少なく、動作や技法が、他の武術に比べて簡潔で、その各動作の目的は、実戦的な、応敵、制敵を重視した形態となっており、一般的には、ただ実用効果のみを求める武術だと言われています。

そのため、一撃の威力を重視する傾向が強く、套路(型)だけでなく、単調な練習方法をとる場合もあります。

特に、当会で練習している八極拳は、神槍とも称された、八極拳の名人、李書文の系統(李氏八極拳)のため、その傾向が強いようです。


下記は、八極拳をご紹介した動画です。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。また見て下さい。
八極八卦練技拳社・東京板橋教室では、中国武術、中国拳法、功夫(カンフー)、武術太極拳などとも呼ばれる、中国の伝統武術を練習しています。主な練習内容は、八極拳、八卦掌、太極拳、蟷螂拳、劈掛掌(劈掛拳)、形意拳、兵器術(武器術)の套路(型)、技術、歩法などです。見学、体験、受付中!!