スクリーンショット_2020-01-16_1

「個の平成」から「チームの令和」へ

昨日は、つぶやきだけになってしまいました。が、アウトプットは続けられていますので、毎日更新は続いています!なんか、ズルい感じもしますが。習慣化は、例外ルールをつくることで持続します。さて、今日のテーマは、個の時代から、チームの時代へ。個の時代と言われますが、これは平成で終わった。早い人は次のチームをつくりはじめているよっていうお話です。


こんな人におすすめ

何か新しいことをはじめてみたいと考えている人
これからの生き方を考えるのが好きな人

今日の結論

「個の時代」はやがて「チームの時代」へと進化する



個の時代の到来

「個」の時代。聞き慣れたフレーズですね!今日のタバラジは、いつも以上にすごかった。なぜ「個」の時代がやってくるのか。この力学に・・・しびれました。

田端さんはこんなことをおっしゃっていました。

これからは、「会社」の時代ではなくて。「個人」の時代。

その力学や背景は3つある、と。

ぼく自身の言葉に咀嚼して、まとめてみました。

①質の高いサービスが価値を持つ時代

今、あらゆる労働は知識労働化・サービス産業化してきている。

これまでは、工業化時代。

工場は、同品質のものをつくる。バラつきをなくす。これこそが制約。

たとえ良い品質のものがたまたまできたとしても、除外。品質を落として、他の商品と同等のものをつくらねばならない。

しかし、サービス産業化では、逆のことが起こる。

サービス業は、人がアウトプット先。バラつきのないサービスではなく、良いサービスはどんどん評価される。

突出した個人は、その人にどんどん仕事が舞い込んでくる。


②自分自身の生き方を確立する時代

個人の寿命が伸びる時代。人生100年時代だ。

でも、企業の平均寿命は23.5歳。

年金も繰り上がっている時代では70〜80歳まで働いていかなくてはならない。

そんな時代に、会社にいつまでしがみつく労働をしていくのか。

「自分カンパニー」を経営していくべきではないか。

入社したとき、いけてる企業であっても、数年後に同じ立場を保っていることは稀。勢いのある企業に就職をして、勝ち逃げなんてありえない。


③SNSで世界中の個人がつながれる時代

技術的には、SNSの発展。

アメリカ政府の公式アカウントよりも、ドナルド・トランプ大統領個人のアカウントの方がフォロワー数が多い。会社や政府公式のアカウントよりも、社長などの個人アカウントの方がみんなが注目する。

SNSは人と人を結びつけるツール。相手が人だから面白い。

結局は、人と人が一対一でマッチングされることが大切の時代。個人と個人が結びつくことができれば、自分の頼みたい人に仕事を依頼することができる。

そして、フォロワーは信頼度にもつながる。

だから、会社に務めながらも、個人として勝負のできる人は強い。


「我、ここにありのマインド」を持て

田端さんの考えにぼくは賛成です。

ぼくは、教員をしています。

教員は、子どもたちによりよい教育を提供するために「研究」活動を行います。

授業を改善したり、新たな学びをつくったり。

それはそれは楽しい営みだと思っています。

私は、昔、えらーい先生にこんな言葉をいただいたことがありました。

「研究は、『我、ここにあり』を示すことができますね」

どこにでもいるような人になるな。

誰もができるようなことを提供するな。

あなたにはあなたにしかできないことがある。

そのオリジナリティはなんなんだ?

自分をブランド化していきなさいよ。

そんな思いが込められていたのではないかなぁ、と今感じます。個だけでは限界はやってくる

一人でできることは、少ない。

これはどんなに才能がある人にもあてはまります。

「個」の生き方は、これからのスタンダードです。

田端さんがおっしゃることは、間違いありません。

自分自身が何をしたいのか、どんな風になってきたいのか。

自分の中にコンパスを持つことがとても大切です。


「個の平成」から「チームの令和」へ

同じ方面を指すコンパスを持つ人たちが集まれば、チームは出来上がります。ぼくは、このチームに大きな魅力と可能性を感じています。

キングコングの西野さんは、個は平成で終わり。これからは"集落"の時代、と表現されていました。彼はオンラインサロンなども経営しています。コミュニティづくり、まさに"集落"なのですね。

もしよろしければ、下の記事をご覧いただけると嬉しいです。

チームづくりへの思いを書きました。


ぼくは、今年は「チームビルディング元年」と呼ばれると信じています。

チームビルディングは昔からありました。

ずっと携わってきた方には失礼かもしれません。

ですが、私たちは、本気でチームづくりについて考えたことは少なかったかもしれません。

今あらゆる組織の研究が、小さい単位の関係性の重要性を述べています。

自己開示をし合えるようなチームづくりです。


どんな組織にも、スマートクリエイティブと言われるような人がいます。

外部の情報をたくさん持ち込んでくる人です。新たな挑戦をどんどんやる人です。

けれど、スマートクリエイティブただひとりだけでは、何かを進化させることは難しいのです。仲間がいなくては、難しいのです。

これから先は仲間です。

いよいよ溜まったノウハウを生かして、みんなで良いチームをつくるときではないでしょうか?


今日の質問

チームをつくる前に、まずは自分が何者なのかを知ることが大切です。

自分らしさを見つけたら、発信をしていきましょう。

同じ方向を指すコンパスを持っている人たちが集まってくるかもしれません。

自分のオリジナリティはなんですか?



今日も、貴重な時間を使って、記事を読んでくださってありがとうございました。

この記事をいいなと思ってくださったら、ぜひ「スキ」や「フォロー」をお願いいたします^^みなさんの応援が力になります!








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私自身へのサポートも嬉しいです!この記事単体へのサポートも嬉しいです!!よろしくお願いします。

貴重な時間を私の記事のために使ってくださりありがとうございます!
17
勇者のような生き方をしているマルチポテンシャライト教員。ライフセーバーでコーチで暗号通貨アドバイザーでトライアスリートで。マガジン「勇者のライフデザイン-en*dlessJourney-」の自称CEOです。現代の勇者を応援してます!ほぼ毎日発信中!
コメント (2)
ステキ!
ステキ!はスキ の最上級で使っています☆
こんにちわ☆

そのチーム、集落を会社化すると企業にはなります。
いまいち の人まで拾うか、捨てるかのさじ加減で次の時代が決まるわけです☆
スキの最上級!
いただきました!
ありがとうございます。

タバラジの田端さんは、
「今の会社は福袋の袋詰め」と表現していました。

欲しくない商品も入ってるかもしれない。
いいものが入ってたらラッキー。
一つ欲しいだけなのに、たくさんのものがくっついてくる。
開けるまで分からないのがわくわくどきどき。期待と不安。

福袋ってこういうことかな?と思います。

だから、逆に個の時代となれば、
自分が求める人にダイレクトで依頼ができるということですね!
自分のライフスタイルを自分でカスタマイズできるようなイメージですね!

チームになれば、1人では実現できなかった価値のサービスを提供できるようになります。
このチームづくりはとても大切ですね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。