note研修

「できなかった=ダメなこと」と捉えていた新卒1年目が、はじめに受けた研修をきっかけに変わった話

「できなかった=ダメなこと」と捉えていた新卒1年目が、はじめに受けた研修をきっかけに変わった話

内省を通じて失敗から学びを得ることって大事ですよね。 できなかったことから糧を得て対策を考えることで、モチベーション低下を防ぐ効果があるとも言われています。 このような効果を知っていたので、内省の手段として有名なふりかえりを行ってきましたが、私はどうしてもふりかえりを前向きなものとして捉えることができませんでした。 いつもできなかったことばかりに目を向けていて「できることが大事で、できなかったことは等しくダメだ」という考えがあるように感じていたからです。 この記事では、新

スキ
28
バリューって何のためにあるんだろう?を新卒1年目なりにめっちゃ考えてみました

バリューって何のためにあるんだろう?を新卒1年目なりにめっちゃ考えてみました

わたしは就職先であるフィードフォースの行動指針となるバリューにすごく共感しています。内定承諾を決めたのも、バリューに共感したことが大きかったぐらい、会社で働くうえで大事にしたいものですし、会社も大事にしているものです。でも、バリューって何のためにあるんだろう?と深く考えたことがありませんでした。 そんな中で、現在受けている新卒研修でバリューについての認識が大きく変わった瞬間がありました。もともと、チームビルディングなどの組織開発や運営に興味があったので、バリューって奥が深い

スキ
26
自分が内定した理由を逆インタビューしたら、企業の採用にかける「想い」を聞けた話

自分が内定した理由を逆インタビューしたら、企業の採用にかける「想い」を聞けた話

自分の内定がどのように、なぜ出たのかって気になったフィードフォースという会社に入社してから約3ヶ月 研修の中で、「自分自身で納得して入社して良かった!」と思う日々を過ごしております。 そんなある日、先輩から「実は(フィードフォースの選考を)受けている学生は結構多かったんだよ」という話をききました。それをきいて、なぜ沢山受けた中の自分に内定が出たんだろうか、他の学生との「違い」はどこだったんだろうかと気になりました。 タイミングよく、研修の一環として「noteを企画して書く

スキ
53
失敗を怖がっていたわたしがITベンチャー企業に入った話

失敗を怖がっていたわたしがITベンチャー企業に入った話

「失敗は機会でしかない」「本気の失敗には価値がある」そんなこと言われたって、怖いものは怖い。そう思っていました。 でも今は、「やりたいこと」に挑戦できる世界がキラキラして見えます。 失敗が怖くて、「できるかできないか」でしか物事を判断してこなかったわたしがなぜ、変化の激しいITベンチャーに就職したのか。 結論からいうと、「やりたいかやりたくないか」で物事を判断してみようと思えたからです。 当たり前じゃん!と思う方もいるかもしれませんが、わたしには当たり前ではなかったのです

スキ
64
積極的な情報共有の先には全体最適化!?チーム、ファーストにつながるアウトプットとは?
+1

積極的な情報共有の先には全体最適化!?チーム、ファーストにつながるアウトプットとは?

こんにちは!フィードフォース、新入社員の川井悠高です。 今回は、フィードフォースで複数のプロダクトを横断的に活躍されている、「ますたかさん」こと増田貴士さんにお話を伺いました。フィードフォースで積極的に情報共有されていることについて、そのコツや心がけていることについてお聞きしました。 プロフィール 増田貴士(ますだ たかし) エンジニア、2014年当時30人ほどのフィードフォースへ中途入社。 https://masutaka.net/ フィードフォース入社まで ──本日は

スキ
19
上場を経験した経理が思う、ここがすごいよフィードフォース
+1

上場を経験した経理が思う、ここがすごいよフィードフォース

フィードフォースで働く現役社員のリアルな声をお届けする社員インタビュー記事です。 今回は、フィードフォースを裏側で支えてくださっている経理の鶴田さんに、お話を伺いました。 【インタビュイー経歴】 鶴田 幸代(つるた ゆきよ) 2017年12月に経営企画チームの一員としてフィードフォースへ中途入社 普段は経理業務全般・監査法人対応・有価証券報告書や決算短信などの開示業務等を担当している。フィードフォース上場の立役者。 会計事務所を辞めて事業会社を選んだ理由 もともとは、会計

スキ
29
ディレクターに聞く!新卒のための『会社人論』
+2

ディレクターに聞く!新卒のための『会社人論』

こんにちは! フィードフォース2020年度新卒社員の安藤 和(あんどう やまと)です。 今回は、研修の一環として行った社員インタビューの様子をお届けします。 インタビュイーはDF PLUSディレクターの江崎 秀司(えざき しゅうじ)さん です! 【インタビュイー紹介】 江崎 秀司(えざき しゅうじ) 2008年フィードフォースへ中途入社。DF PLUSチーム所属のディレクターを務める。日本酒バカ(飲んだ銘柄1000以上をスプレッドシートで管理)。 【インタビュアー紹介】

スキ
15
お客様の成功を通してプロダクトを成長へ導く!dfplus.ioのカスタマーサクセスのこれから
+1

お客様の成功を通してプロダクトを成長へ導く!dfplus.ioのカスタマーサクセスのこれから

こんにちは!フィードフォースに2020年新卒として入社した加藤 春乃(かとうはるの)です。 今回はdfplus.ioチームで活躍するまえはるさんこと前田遥さんにインタビューをしました! 職種にこだわらずにいろんなことに挑戦していきたいと考えていたまえはるさんですが、入社後は実際にさまざまなことにチャレンジされています。 インサイドセールスからカスタマーサクセスへジョブチェンジされた経緯と、現在行っている業務についてお聞きしました。 dfplus.ioのサービスについて知り

スキ
25
デザインチームリーダーが描く「デザインチームのこれから」
+2

デザインチームリーダーが描く「デザインチームのこれから」

はじめまして。フィードフォース20年新入社員、のデザイナーの野本元輝です。 今回は、今年からフィードフォースにて発足されたデザインチームでリーダーとして活躍されている Yang さんにお話を伺いました! 【インタビュイー経歴】 Yang  通称:やんさん UX/UIデザイナーとして2016年フィードフォースへ中途入社。 dfplus.ioのプロダクトデザイナー、デザインチームのリーダーとして活躍している。 Twitterアカウント:@ysztnk4 Yang さんについて

スキ
17
「日々混沌、日々進化」!4年目のデータアナリストがフィードフォースでチームの立ち上げにチャレンジした理由
+2

「日々混沌、日々進化」!4年目のデータアナリストがフィードフォースでチームの立ち上げにチャレンジした理由

はじめまして!2020年度、新入社員の松本涼花です。 今回は、フィードフォースに昨年新設されたデータ分析チームにて、チームの立ち上げメンバーとして活躍されている加藤洋平さんにお話を伺いました。 【インタビュイー経歴】 加藤 洋平(かとう ようへい) 2019年フィードフォースへ中途入社。プロダクトチームを横断的に行き来するデータ分析チームのリーダーとして活躍している。フィードフォースのnote編集部では意外な活動も…!? ▼加藤さんご自身のnoteはこちら▼ https:/

スキ
17