Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN

Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN

バンドに関する全てのことをメンバーだけで決定する(日本では珍しい)本当の意味でのインディーズを体現するロックバンドGEZANのアメリカ・ツアーを追った映画なんですが、ライブの評判や(Shellac、Big Blackなどのメンバーであり、NIRVANAの「イン・ユーテロ」などのレコーディング・エンジニアとしても有名な)スティーヴ・アルビニとのレコーディング(これもメンバーが個人的にアルビニにメールを送り実現したとのことです。)等のトピックを排除し、とある出会いに焦点を当てて作

スキ
7
ビニールシート席ありのGEZAN映画試写会

ビニールシート席ありのGEZAN映画試写会

5月28日 noteの運営会社であるピースオブケイクさんのイベントスペースで、ロックバンドGEZANのドキュメンタリー映画「Tribe Called Discord ~documentary of GEZAN」の試写会とGEZANのフロントマンである、マヒトゥ・ザ・ピーポーさんの小説『銀河で一番静かな革命』のサイン会を開催した。 参加者は、幻冬舎plusの抽選に当選した方々。 段差のないフラットなスペースなので、椅子をどう並べるか、映画の配給元であるスペースシャワーのみな

スキ
8
【5月28日(火)】GEZANドキュメンタリー映画の無料試写会とマヒトゥ・ザ・ピーポーさんの小説サイン会を開催します

【5月28日(火)】GEZANドキュメンタリー映画の無料試写会とマヒトゥ・ザ・ピーポーさんの小説サイン会を開催します

2017年から進めていた、マヒトゥ・ザ・ピーポーさん(以下、マヒトさん)の小説が5月23日に『銀河で一番静かな革命』というタイトルで発売されます。幻冬舎plusの連載「眩しがりやが見た光」よりも、小説のほうが先でした。この経緯は、忘れないうちに書いて残しておきたいなと思います。 さて、マヒトさんは、小説に続き、6月21日からは、自身がフロントマンを務めるバンドGEZANのドキュメンタリー映画「Tribe Calle Discord:Documentary of GEZAN」

スキ
3
【5月28日(火)】GEZANドキュメンタリー映画の無料試写会と小説サイン会を開催します

【5月28日(火)】GEZANドキュメンタリー映画の無料試写会と小説サイン会を開催します

ロックバンドGEZANのアメリカツアーを追ったドキュメンタリー映画「Tribe Calle Discord:Documentary of GEZAN」の試写会を5月28日にピースオブケイクにて開催いたします。 昨年4月にGEZANが敢行したアメリツアーとスティーヴ・アルビニによるアルバムレコーディング。そこで目の当たりにした人種差別の現実と、そこから感情を揺さぶられ続けるメンバーたちの葛藤を描いた作品です。 当日は、アメリカツアーに帯同し、映像を撮り続けた監督の神谷亮佑さ

スキ
2