SDGs本

子どもと共に学ぶサステナビリティ

子どもと共に学ぶサステナビリティ

サステナブルってよく聞くけど、何からやっていいのかわからない。 なかなか生活に取り入れるのが難しいって思ってしまう方が多いのではないでしょうか。 自分が親であっても、そうでなくても、今いる子どもたちはサステナブルを意識して成長していくことになるでしょう。 そんな時に大人として楽しい方法や発信で小さな輪をだんだんと広げていけたら、子どもたちにより良い環境を残してあげたいですよね。 簡単な4つのステップを1つでも意識出来たらいいと思います。 そこから何かが変わっていくはずで

スキ
4
SDGsを親子で学ぶために~日本語の絵本編~

SDGsを親子で学ぶために~日本語の絵本編~

別記事で英語の本を紹介しましたが、今回は日本語の本で購入したもの・気になっているものを紹介したいと思います。 *~英語の絵本編~もよかったらご覧ください まず最初に私が思ったのは、本を探すのが難しい・・・ SDGsで探すと海外に比べて圧倒的に少ないし、ゴール別に探すのは至難の業。 SDGsの全容がわかるような本を集めてみました。 感想やコメントはかなり主観的なものになりますのでご了承くださいね。 ①こどもSDGs(エスディージーズ) なぜSDGsが必要なのかがわかる本

SDGsを親子で学ぶために~英語の絵本編~

SDGsを親子で学ぶために~英語の絵本編~

SDGsについて学びながら、小さなスモールステップを踏み出そうとしている保護者の方にお薦めの英語で学ぶSDGs絵本をシェアしていきたいと思います。 ① Kate Who Tamed The Wind (4-8 years old)YouTube など音声のインプットも併せてすると、全部の単語がわからなくても五感を使って吸収しやすいです。 ② Life in the Ocean: The Story of Oceanographer Sylvia Earle(2-8 yea

スキ
1
【随時更新】ジャパンSDGsアクションフェスティバル&協議会関係者SDGs書籍まとめ

【随時更新】ジャパンSDGsアクションフェスティバル&協議会関係者SDGs書籍まとめ

「10年後の未来をつくるノート」編集部が、さまざまな視点からおうち時間をSDGsに触れる時間にするためのアイデアをご提案をしていく「おうちでSDGs」。今回は、3月26日(金)・27日(土)にオンラインで開催される「ジャパンSDGsアクションフェスティバル」の出演者や、ジャパンSDGsアクション推進協議会の関係者が、執筆・監修をしているSDGs書籍をご紹介します。 イベントに参加される方は、お目当ての方が“どのような考えで活動をしている方なのか”を予習をしておくと、よりイベ

スキ
7
【書籍紹介】10年後の未来をイメージしたい方にオススメの2030年本

【書籍紹介】10年後の未来をイメージしたい方にオススメの2030年本

「10年後の未来をつくるノート」編集部が、さまざまな視点からおうち時間をSDGsに触れる時間にするためのアイデアをご提案をしていく「おうちでSDGs」。今回は、SDGsの目標達成の”期限”に設定された「2030年について考える際に参考になる書籍」をご紹介します。さまざまな視点で2030年をイメージする際にぜひ参考にしていただければと思います。 このままの状態が続くと近い将来地球がどうなるのか、がわかる本 世界の現状や、SDGsの達成が不十分なまま2030年を迎えてしまった

スキ
22
【書籍紹介】SDGsの知見を広めたいビジネスパーソンにオススメしたい書籍

【書籍紹介】SDGsの知見を広めたいビジネスパーソンにオススメしたい書籍

「10年後の未来をつくるノート」編集部が、さまざまな視点からおうち時間をSDGsに触れる時間にするためのアイデアをご提案をしていく「おうちでSDGs」。今回は「SDGsの知見を広めたいビジネスパーソンにオススメしたい書籍 」をご紹介します。お仕事でSDGsを勉強する必要が出た方や、SDGsをビジネスに取り入れたい方などは、ぜひ参考にしていただければと思います。 参考にできるSDGsのビジネスモデルを豊富に収録 SDGsをビジネスに取り入れたい方や、

スキ
13
【SDGs書籍紹介】SDGsを学びたい子どもにオススメしたい入門書

【SDGs書籍紹介】SDGsを学びたい子どもにオススメしたい入門書

「10年後の未来をつくるノート」編集部が、さまざまな視点からおうち時間をSDGsに触れる時間にするためのアイデアをご提案をしていく「おうちでSDGs」。今回は「子どもが読みやすいSDGsの入門書」をご紹介します。 お子さんがいらっしゃる方は、おうち時間を使って、親子でSDGsの勉強を始めるというのもよいかもしれませんね。 身近なこととSDGsのつながりがわかるSDGsの“教科書” “子どもがSDGsを学ぶ際に最初に読む本”として評判を呼んでいる本書は、読者が身近なことから

スキ
20
【SDGs書籍紹介】イチから学びたい人にオススメしたい入門書

【SDGs書籍紹介】イチから学びたい人にオススメしたい入門書

「10年後の未来をつくるノート」編集部が、さまざまな視点からおうち時間をSDGsに触れる時間にするためのアイデアをご提案をしていく「おうちでSDGs」。今回は「読書」をテーマに、「SDGsをイチから勉強したい!」という方にオススメしたい、楽しく、わかりやすく、そして詳しく学べるSDGs入門書をご紹介します。 日本におけるSDGs研究の第一人者による入門書 日本におけるSDGs研究の第一人者である蟹江憲史さんが執筆したSDGsの本格的な入門書。「SDGsとは何か」から始まり

スキ
25
学校で見つけたSDGs~横浜市立日枝小学校の図書室編~

学校で見つけたSDGs~横浜市立日枝小学校の図書室編~

「SDGsは学校の図書館から」 そう語るのは、住田昌治校長先生(横浜市立日枝小学校) 全国あちこちから「SDGsな本」のご相談もいただくこの頃、日枝小学校の図書室の取り組みは、多くの方々の有意義な参考になるはず…と思い詳述させて頂きます! 「学校図書館をSDGs」の情報センターにできるよう、学校司書間でノウハウを共有し合う動きが横浜で始まります。小学校の教科書にも明記されたSDGs、子どもも教職員もSDGsにたどり着くきっかけ作りに、学校図書館は大きな役割を果たすようにな

スキ
8
あなたの本棚にも「「未来を変える目標」SDGs アイデアブック」を

あなたの本棚にも「「未来を変える目標」SDGs アイデアブック」を

https://www.amazon.co.jp/dp/4877385134/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_6M7oEb6SEYF9B 「未来を変える目標」SDGs アイデアブック 編者 一般社団法人 Think the Earth 監修 蟹江憲史 マンガ ロビン西  未来を変える行動の話、SDGs(持続可能な開発目標)をご存知ですか。  地球温暖化を食い止めようから今一番熱いのはSDGsに移り変わっている気がしています。それぞれ別のものではなくつながってい

スキ
3