GovTech

【政策参与のおはなし(その7)】ちっちゃな自治体で恐る恐るDXを始めた町役場の取り組み(2021年9月19日 Code for Japan Summit 2021セッション)
+13

【政策参与のおはなし(その7)】ちっちゃな自治体で恐る恐るDXを始めた町役場の取り組み(2021年9月19日 Code for Japan Summit 2021セッション)

これは何?政策参与として登壇したCode for Japan Summit 2021のセッションの文字起こしです。YouTube動画もアップされたらリンクしておきます。 セッションは、福島県西会津町のCDO(最高デジタル責任者)の藤井さん(やすしくん)との対談ということなので、必ずしも「政策参与」だけのおはなしではありませんが、シリーズとしてここにも掲載するものです。 セッションスタート (ひがし:以下、呼び合っている「けんちゃん」にします) このセッションのタイトルは

スキ
6
Bot Express社のワークライフを大公開(ワーケーション編)
+9

Bot Express社のワークライフを大公開(ワーケーション編)

当社は完全フルリモート勤務を導入しています。それぞれのメンバーが自らの役割に責任と裁量を持ち、自由な場所と時間で働いています。 (実は私は地元大阪で生活しています) そのため、他のメンバーと1ヶ月以上、対面で会わない事もあるのですが、当社では合宿やメンバーの懇親を兼ねて年に数回、合同ワーケーションを行っています。これまでの一例をご紹介します。 広島「ベラビスタ スパ&マリーナ尾道」 新幹線で広島県の福山駅へ。 駅から30分ほどタクシーで移動すると、瀬戸内海に面したリゾー

スキ
5
特定技能「産業機械製造」を徹底解説してみた!

特定技能「産業機械製造」を徹底解説してみた!

前回は特定技能「素形材産業」についての解説記事を投稿しました↓↓ 特定技能のキホンについて知りたい方はこちら↓↓ 今回は4業種目! 産業機械製造について解説します。 産業機械製造業界の背景業界に関わる方でもない限り、産業機械製造について考える機械ってあまり無いのではないでしょうか。 産業機械製造とは建設現場や農業現場などで利用される機械全般を製造することを指します。 産業機械が製造されないと、効率的に田植えや収穫をしたり、僕たちが通学・通勤のために歩く道は綺麗に舗装

スキ
7
【政策参与のおはなし(その6)】ペーパーレス化について問われたときにお話したこと(2021年9月17日日野町議会・議会改革特別委員会)
+1

【政策参与のおはなし(その6)】ペーパーレス化について問われたときにお話したこと(2021年9月17日日野町議会・議会改革特別委員会)

今回のおはなしの経緯 日野町議会の議会改革特別委員会に出席し、これまで議会で議論をしている「ペーパーレス化」について意見交換したいとお話があったものです。 その際のやりとりを、文字起こしではなく(UDトークしてたけど保存に失敗してしまい・・・うっかり参与)、コメントを求められた「問い」と、その際お話した「回答」という形に編集したものです。 ですので、これは「再現」であって、記憶違い等により問いの趣旨や回答を修正・補足しています。その点、ご留意ください。 問いと回答(概要

スキ
8
21歳の私が「スクラムを組んで、民主主義のDX」を目指すまでの『9つの気付き』: #Liquitous
+14

21歳の私が「スクラムを組んで、民主主義のDX」を目指すまでの『9つの気付き』: #Liquitous

はじめまして!栗本拓幸と申します。 「参加型合意形成プラットフォーム」を開発し、"まち"や"コミュニティ"などの公共に社会実装する株式会社Liquitousというベンチャーを立ち上げ、活動しています。 今、やっていること、考えていること私たちLiquitousは、オンラインの参加型合意形成プラットフォーム"Liqlid"の開発・社会実装に取り組んでいます。 現在、Liqlidはプロトタイプ版です。Liqlidプロトタイプ版は、アイデア出し・プロジェクト(たたき台)のブラッ

スキ
14
Code for Japan Summit 2021 グラフィックレコーディング ~配信編~

Code for Japan Summit 2021 グラフィックレコーディング ~配信編~

2014年から毎年行われているCode for Japan Summit。今年は8回目となります。初回からサミットに取り入れられているグラフィックレコーディング。Code for Japan Summit 2021 でのグラレコの配信をご紹介します。 グラレコ対象プログラムと配信先今回のグラレコはグラレコのみ配信されるYoutubeにて視聴できます。サミット全体のプログラムが10トラックあるのに対し、グラレコ配信トラックは2トラックとなっていますので、グラレコ対象プログラム

スキ
1
特定技能 「介護」徹底解説

特定技能 「介護」徹底解説

<修正2021.09.22> タイトル修正「メリット・デメリット」⇨「徹底解説」 Exstanでは特定技能での外国人雇用のトータルサポートを行なっております。 特定技能制度のキホンを知りたい!という方はこちら↓ 介護業界の背景日本が抱える「介護人材不足」があります。 この人材不足は、「2025年問題」と呼ばれています。 2025年問題とは、戦後すぐの第一次ベビーブーム(1947年~1949年)の時に生まれた"団塊の世代"が後期高齢者(75歳)の年齢に達し、医療や介護な

スキ
12
小さな町からはじまるデジタル自走化に向けたLINE活用の取り組み
+9

小さな町からはじまるデジタル自走化に向けたLINE活用の取り組み

公式LINEを開設したのに、友だち登録者数が伸び悩むという悩みを抱えられている自治体も多いのではないでしょうか。 ところが、沖縄県にある与那原町という人口2万人に満たない小さな町では、今、約3人に1人が与那原町の公式LINEに登録をしています。 与那原町では、ワクチン接種の予約をLINEで行っているため、勿論その影響もありますが、それだけではないようです。 一体なにがあったのか・・・・ 1.与那原町ではじまった「利用されるサービス」自治体の公式アカウントで良くある、「

スキ
14
行政文書はMarkdownで管理できるか
+1

行政文書はMarkdownで管理できるか

(9月3日追記)元のタイトルは「行政文章はMarkdownで管理できるか」でしたが、ここで言っているのは「文章」ではなく、「文書」だろう、というご指摘をいただき、本文も含め訂正させていただきました。(追記終わり) 先日下記のTweetをしたところ、多くの人からコメントをいただきました。 賛同の意見が多かったのですが、下記のような懸念点もいただきました。 ・編集する側も見る側も大変になる。何故やる必要があるかわからない ・Markdown、構造化テキストとしていけてないの

スキ
237
おすすめの支援策が見つかる「行政版Amazon」
中小企業・小規模事業者をサポートする仕組みづくり
+5

おすすめの支援策が見つかる「行政版Amazon」 中小企業・小規模事業者をサポートする仕組みづくり

経済産業省におけるDXの取り組みを紹介する本レポート。今回は、中小企業庁の事例をご紹介します。中小企業庁は、全国に358万者ある中小企業、小規模事業者(以下、事業者と記します)の経営を支援しています。DXの柱は2つあり、事業者の経営支援と行政の生産性向上です。デジタル化推進マネージャーを務める林大輔さん(当時)と、佐々木輝幸さんのおふたりに、これまでの取り組みと今後の方向性を聞きました。 1.課題を洗い出すために職員にヒアリングを実施――まずは経済産業省に入省した経緯を教え

スキ
11