門倉貴史

4月7日(水)18時〜LIVE配信|気鋭のエコノミスト・門倉貴史さんに聞く
「コロナショック後の日本経済の行方と資産運用」

4月7日(水)18時〜LIVE配信|気鋭のエコノミスト・門倉貴史さんに聞く 「コロナショック後の日本経済の行方と資産運用」

◆文藝春秋「資産形成セミナー」開催趣旨 日経平均株価がついに1990年8月以来、3万円(2021年2月15日の終値)を回復しました。 日本国内における新型コロナワクチンの接種開始、2020年10~12月期の市場予想を上回るGDP、諸外国の大型景気対策への期待の高まりなど、ようやくコロナショック後の経済回復の兆しが見えてきているのではないでしょうか。 一方で、想定以上の株価の上昇に「過熱感」を警戒する声も多く、今後の日本経済の行方を注視しながら、慎重に資産形成の舵取りを進

スキ
2
門倉貴史氏にイイねされました!

門倉貴史氏にイイねされました!

スキ
8
セックスワークをめぐる終わらない議論

セックスワークをめぐる終わらない議論

書評 中村うさぎ編『えっちなお仕事 なぜいけないの?』(発行・ポット出版)  90年代後半、女子高校生によるカジュアルな売春“援助交際”が問題になったことを憶えているだろうか。社会学者の宮台真司氏などが中心になってセックスワークの是非が議論になり、「性の自己決定権」という言葉も語られるようになった。筆者もその当時、さまざまな識者と議論したが、上野千鶴子氏にしても加藤秀一氏にしても…セックスワークに否定的な論者は、自身の生理的な嫌悪感をうまく論理化できていない、という印象が残

スキ
5
有料
200