鈴木成一

BAG ONEイベントレポ #03 | 鈴木成一装画塾 × 日々の一滴 展

BAG ONEイベントレポ #03 | 鈴木成一装画塾 × 日々の一滴 展

こんばんは、編集部 saです。 資料が山積みの自席で、先日初めて向かいの席の先輩の顔を見ることができました。これぞ、本に囲まれた生活ですね(遠い目) 本日は、5月1日から5月15日までBAG ONEにて開催中の「鈴木成一装画塾 × 日々の一滴 展」の展示をご紹介します! (上)展示風景 (下)藤原新也先生による絵画作品 心おきなく外出することが難しい今、少しでも多くの方に作品をご覧いただけたらうれしいです。 鈴木成一さんといえば、『白夜行』(集英社)、『私の男』(文

スキ
10
装画『この本を盗む者は』-メイキング

装画『この本を盗む者は』-メイキング

『この本を盗む者は』 著:深緑野分 氏 刊:KADOKAWA 発売日:2020/10/08 ISBN:9784041092699 デザイン: 鈴木成一デザイン室 装画を担当いたしました。 装画は特設サイトのトップ、PV、新聞広告やwebのバナーなどにも使用されました!また、装画とは別で特設サイト用に物語の舞台「読長町」のマップも描き下ろしました。 自分の描いたイラストをアニメーションにしていただいたのは初めてです! 今回のお仕事では本当にいろいろな展開がされて、嬉しい

スキ
24
『鉄路の果てに』鈴木成一さんブックデザイン詳細

『鉄路の果てに』鈴木成一さんブックデザイン詳細

5月21日発売予定の『鉄路の果てに』(清水 潔・著)のカバー色校が上がってきました。ブックデザインは鈴木成一さん。鈴木成一さんといえば、これまでに手掛けた装丁の数は1万冊を超える、その道の第一人者。 鈴木成一さんとのやりとりを通じて、本のデザインがどう出来上がっていくか、取材してきた材料がどんな工程で形になるのかを紹介します。最後には、鈴木成一さんがどんな用紙にどんな加工をしてデザインされたか、その手の内も明かしてくださいましたので、お楽しみに。 『鉄路の果てに』の内容に興味

スキ
10