輪唱形式

00:00 | 00:30

UPHYCAの巫女の世界観を歌っています。
リズムはイザイホーから、歌詞はユーカラやおもろさうしから拾い上げた単語と日本語を継ぎ合わせています。巫女が集まると、歌詞に合わせた『しぐさ』とともに輪唱します。
演奏は三叉四尖堂によるハングドラム。

2018/3/20@銀孔雀

パッヘルベルのカノン

まあ、ご存知の方は知ってるでしょうが、カノンというのは曲の形式のことで題名ではないんですよね。いうならば「ソナタ」とかそんなのと同じです。だからたぶんtaboのカノンだって作ればそれでいいんでしょうが。この曲=カノンになってますね。で、結構多数の方が誤解してるのがこのコード進行をもってカノン形式とか思ってるらしいことがあります、あみんの岡村孝子さんのオリジナルの80%がこの進行だとか言ってる人間が もっとみる