西田明央

2020-10-01 最後までフォークを落し続けた歳内と西田の捕手としての成長と #087

歳内先発としてのプロ初勝利。正直7回無失点で抑えるなんて思っても見なかった。しかも序盤のしぶーい2点のみでその2点を守り切ることができるなんてちょっと奇跡に近い。ただ、投げてる球は決して奇跡では無かったよ。

例えば序盤の梶谷。

3球目4球目とストレートの意識付けをさせたタイミングで外のカーブを引っかけさせた。西田が「コース間違えるなよー」と手で縦に線を引くジェスチャーを見せ、そこに満額回答で投

もっとみる

決めるときに決める、歳内宏明 ●DB×S○21回戦

7回裏。2アウトから、ロペス、倉本寿彦の連続ヒットで代打・山下幸輝を迎える。一発出れば逆転の場面を、歳内は、空振り三振に仕留める。
実況・伊藤隆佑アナウンサーが叫ぶ。「全球フォークで勝負しました!」

私は、遡って5回裏の倉本寿彦への配球を思い出す。1球目フォーク、2・3・4球と連続ストレート。4球目、内角ギリギリに決まったストレートに、倉本は腰を引き、ジャストルッキング。見逃し三振だった。私は思

もっとみる
💚ありがとうございました。
6

2020-09-20 8回まで良かったライアンを称えるのと西田に求められる打撃と #078

8回まで1失点。完投も見えてきたところで9回2アウトからの5連打4失点は流石に想定してなかった。ハラハラしながらなんとか最後は石山が抑えてカード勝ち越し。

そうそう。最後は吊り橋効果を狙ったんだよ!それはともかく、出来れば明日のためにも石山は温存しておきたかった。8回までのライアンのピッチングが無駄だったわけでもないし忘れてもいけない。

3回4回5回と先頭打者は出すものの失点は山田のエラーでつ

もっとみる

ヒーローとは ○S×C● 14回戦

ライアン小川泰弘の完投を見届け、思いっきりすわほーと叫びたい(心の中で)。

早く、早く。はやる気持ちを抑えているうちに、相手チームにどんどん点が入る。ツーアウト。あと一人。あと一球。長打。繰り返されたのは、何回だろう。

まだまだ。まだ大丈夫。

2点差まで追いつかれ、ライアン完投から、ライアン勝利、そして、スワローズ勝利へと、願いが変わっていく。

見守るしかない私を、ヤクルトナインは“ともに

もっとみる
💚ありがとうございました。
3

2020-09-18 やっぱり一発が大事なのとシュートで変わった星と #076

3連勝!しかも逆転、再逆転で最終的には16安打14点の大勝!こんな勝ち方もヤクルトできるんだねぇ。ただやっぱり今まで足りなかったのは長打力ということになるのかな。今日はここぞというところで1発が出た。

まずは西田。今日一番勝ててホッとした選手だとも思う。小川のノーノーの翌日の山中さん以降、なかなかマスクを被る試合で勝ててなかったからねぇ。本人の過失もあるかもしれんがそれでもいち捕手が全てを負うべ

もっとみる

ノーヒットノーランの風景 ●DB×S○11回戦

廣岡大志

エラーのついた廣岡大志にかけた言葉は「切り替え」だった。

無死一塁から中井を遊ゴロに打ち取り、併殺打と思われたが送球を受けた広岡が捕り損ねて一、二塁のピンチに。それでも、顔面蒼白(そうはく)の広岡に歩み寄ってグラブで肩をポンとたたき「切り替え」と一声。代打・嶺井を空振り三振、神里を右飛、最後は柴田をフォークで遊ゴロに仕留めた。

大志はたしかに、顔面蒼白だった。でも、大志は元々色白だ

もっとみる
💚ありがとうございました。
13

2020-08-04 痛い逆転負けとそれでも輝いてた高梨と西田と #038

痛い逆転負けになる。

昨日スワライブで力説してたのだが大型連敗は勝ちパターンが崩れたときに起きやすい。昨年の16連敗も梅野石山が崩れて逆転負けしてからだった。

今日がまさにそういう日で、石山は使っていないもののマクガフの同点弾、清水の勝ち越し弾で勝負ありはちょっと痛い負け方と言わざるを得ない。

さらに大型連敗が始まった日数も含めてちょっと昨年と状況が似てきてもいる。ちょっと良くない傾向になっ

もっとみる

いつもどおり、野球をしていた ●S×T○7回戦

最終回、GReeeeN「愛唄」が流れる中、星知弥とマウンド会議を始めた西田明央は、「よし!」とグローブを一回叩いて、ホームベースに向かった。

▲気合いの握りこぶし 西田明央

球場に到着したのは4回表。平日はいつも遅刻だ。ピッチャーは2番手・坂本光士郎。席に着き、バックスクリーンを見て先発・イノーアがいない理由はすぐ分かった。

▲着弾時のスコアボード 速報は見ていなかった

相手にどんどん点が

もっとみる
💚ありがとうございました。
9

流れはつかんで引き寄せるもの ○T×S●4回戦

流れとは、こうして逃げていくのだということが、手に取るように分かる試合だった。

嫌な予感がしたのだ。4回表。雄平のホームラン勢の当たりを、レフト・サンズがフェンスギリギリでキャッチする。レフトフライで、3アウトチェンジ。2点ビハインドで迎えた強打者、雄平の長打を阻止した。甲子園の阪神ファンは、大盛り上がりだ。
当然だ。でも、この盛り上がり。まずい。阪神を乗せてしまう。

そんな焦りは、形となって

もっとみる
💚ありがとうございました。
4

2020-07-14 前で捌くことが出来た西田と5失点でも石川を勝たせたかった高津さんと #020

連勝ストップ。さーて今日はサクッとおわらせるぞー!

まぁアレですよ。散発の5安打じゃなかなか勝てません。秋山って甘い球もそれなりにあるはずなのに何故か打ち損じる。松元ユウイチコーチの談話で「彼(秋山)は手元でボールが伸びるので手前で打ちに行く意識を持って臨んで欲しい」的な事を言っていたようだが、それを忠実に再現できる選手が殆どいなかった。

っていうか西田だけだったかな。

粘りながら最後は甘く

もっとみる