裁判員体験談

裁判員の経験を通して考える罪と罰

1万3500分の1。
これは裁判員(補充裁判員も含む)に選ばれる確率です。
今年、僕はとある刑事裁判に裁判員として参加しました。
そこで見たもの、感じたことはきっと生涯にわたって僕の中に残り続ける経験だと思いました。
これは、裁判員として選ばれて任期を終えるまでの感想をまとめたものです。前半では裁判員の活動について、後半ではタイトルにもある罪と罰について書いていきます。
今後裁判員に選ばれた人や、

もっとみる