緊張しない自己紹介

気の利いた?自己紹介②「名前の由来は〜」

好評でしたので第二弾です。
緊張しない自己紹介のための工夫です。

【緊張しないコツ】
実物よりも良く見せたいのをあきらめて、等身大の自分を見ていただく。
こうすれば、背伸びしてないので、緊張せずにのびのびと発表できます。

背伸びをし、実際に取り組んだ練習量よりもうまく見せようとか、
実力以上に勝ちたいとか、そんなときはだいたいうまく行かず。
舞台での演奏とか、劇の発表とか、人前での発表も、短距

もっとみる
よろしければシェアもお願いいたします(^^)
4

気の利いた?自己紹介①「植物にたとえると」

自己紹介って、何度やっても緊張します。
理由は簡単。

実物よりも良く見せたいのと、
せいぜい1分程度の短い時間の中で、何とか覚えて欲しいと思うからです。

だいたい背伸びをすると、舞台での演奏とか、
劇の発表とか、思いつく発表形式のものはみんな緊張していました。

前の職場は小学校でしたので、たまにですが朝礼の話が回ってきました。
700人の子どもの前で、それらしい5分から10分の話をするにはか

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
8