生活の資本化

生活を資本化しよう

生活の資本化とは追加投資を極力少なくして、自分の素のままの生活を資本化すること。まさにリスクを最低限にまで抑えることができる資本形成の方法だ。えらてんさんの『しょぼい起業で生きていく』を参考に解説します。

■資本は市民に開放された

1760年にイギリスで端を発した産業革命。ここから資本を元に、労働力を投入する大量生産の時代が始まりました。

それは同時に資本家と労働者の関係、つまり資本主義社会

もっとみる
たくやです。あなたのスキがnoteを書く励みになります!
3

苦にならない=それだけでスキル。TAMのプロブロガー社員に聞く ”逆転のキャリア観”

TAMで運用型広告事業に携わる三須雄介さんは、会社勤めの傍ら、個人で運営するブログからも収入を得ています。趣味で始めたブログは当初、全く収益を生み出していませんでした。しかし、転職を繰り返し、さまざまなスキルを得るうちに収益を生む「副業」へと発展。TAMにはデジタルマーケティングのスキルを求めて入社しました。ということは、実はブログが本業・・・? そんな ”逆転のキャリア観” について三須さんに語

もっとみる
ありがとうございます!是非シェアもお願いします。
24

人生、生きてりゃなんとかなる5 生活の資本化

さて。あなたは起業をすることに決めました。まずは何をしようと考えますか?
綿密な事業計画を作って
銀行で頭を下げて資金調達
できるだけ交通の便のいいところにオフィスを借りて
内装工事をして
什器(じゅうき)をそろえて
電話を引いて
仕入れ先や取引先に交渉して
あとバイトも雇ってetc・・・

はい、これら全部いりません。ひとつも。
これらは「しょぼくない起業」です。立派なヤツです。それらがやりたい

もっとみる
( v^-゚)Thanks♪
5

家賃(実質)ゼロ円で生きてゆく方法

わたくし、小塚井呉也が、noteでいろいろな活動をしよう!と思い立ったのは、今最も「ネットお金界隈」関心を集めている

 えらいてんちょうさんの『しょぼい起業』

という考え方に触れたからである、ということは何度か書いています。

 この考え方、えらいてんちょうさんは「生活の資本化」というキーワードで説明していらっしゃいますが、これは簡単に言えば、

「生活にかかる行動、活動の際に、それを資本とし

もっとみる