生命縦断

生命縦断。料理人の写真展、始まる。

Sep.13 2019

日々の台所で、動物であれ植物であれ、食材の絶たれる命について常に意識する人は、あまりいないかもしれない。わたしなら、蜆や浅蜊を調理するときくらいだ(なぜなら目に見えて生きているとわかるものを自らの手で死なせてしまうから)。

お客として訪れるレストランのテーブルでは、一皿一皿に感心し、五感を愉しませるばかりで、料理のつくり手や食材の生産者に感謝することはあっても、犠牲とな

もっとみる