漢の高祖

妻の扱いに失敗して悲惨な事件を起こした劉邦

歴史上、女性好きな人物は”英雄色好む”といった表現でよく取り上げられますが…実際に女性に対する扱いが上手かどうかは別の話。いわゆる”モテ”にも自分のストライクゾーンがあると思われます。

 例えば漢の劉邦(高祖)は、女性好きでしたが誰に対しても、というわけではなかったようです。特に好みの性格が伝わっている訳ではありませんが、本妻の呂氏以外は自分と同じ環境からのようです。つまり、

プライドの高い女

もっとみる
ありがとうございました!励みになります。

#0127【耐えるときに耐えてこその勇気(韓信)】

1日1分歴史小話メールマガジン発行人の李です。
今週は古代中国から「前漢時代の高祖劉邦を支えた三英傑」を紹介します。

BC221年に秦の始皇帝によって統一された中国は、始皇帝の死後数年で瓦解し、その天下は項羽と劉邦の二人の間で争われることになります。

BC202年に劉邦が勝利し、彼は皇帝に即位します。
以後、前漢の高祖と呼ばれるようになります。

彼には三人の優秀な部下がおり、彼らのお陰で天下

もっとみる

#0128【後顧の憂いなし、後方支援の重要さ(蕭何)】

1日1分歴史小話メールマガジン発行人の李です。
今週は古代中国から「高祖劉邦の三英傑」を紹介しています。

二回目の今日は蕭何(しょうか)を取り上げます。

No.127の韓信は「武」の人であり、戦場で功績を挙げた人物でした。蕭何は、後方にいて補給や根拠地の内政問題に全力を挙げていました。

彼は高祖劉邦と同郷の人物であり、高祖の若い頃から知り合いであり信頼が厚かったです。

高祖が秦を滅ぼし首都

もっとみる