死とアート

高瀬舟考(占部まり)

高瀬舟考(占部まり)

多くの人が天寿を全うする時代、誰もが前向きに人生の幕を下ろせるようになるには? 「死を想う」をテーマに日本メメント・モリ協会を設立した著者が、その人らしい生き方と最後の時間を考える。 連載:死を想う――その人らしい最期とは 森鴎外の『高瀬舟』という短い小説があります。これはおそらく、近代文学で初めて安楽死を取り上げた作品です。あらすじをご紹介します。 京都の罪人を遠島に送る高瀬舟に乗せられた弟殺しの喜助。これから島流しされるというのに晴れやかな顔をしていることに不審に思っ

スキ
19