本に学ぶ

大切なことは全て本から学べる?

大切なことは全て本から学べる?

実体験から感じることは、大切なことは全て、本から学べる気がします。 本は、著者のこれまでの人生の集大成で、これ以上のものはないように感じます。本からセミナーに誘導したり、商材を買わされたりする人が後を絶ちませんが、こういう本は偽物だと判断して間違いなさそうです。今ではアマゾンのレビューで全て評価されるので、買う前に判断ができて良いですね。 本なら、たとえ騙されたとしても、数千円の犠牲で済むため、まだマシです。私もかつてはよく騙されましたが、本で騙されるよりも、ネットや勧誘

スキ
5
思考の中の西の魔女さんたち

思考の中の西の魔女さんたち

中学生のまいに人生を教える、西の魔女こと、大好きなおばあちゃんの話。 ⋆ 自分の直観を大事にしなければなりません。   でも、 直観に取りつかれてはなりません。 なぜなら 激しい思い込みと妄想となって、その人を支配してしまいます。 直観は直観として、心のどこかにしまっておきなさい。 そのうち、そのことが真実かどうかわかるときがくるでしょう。 そういう経験をいくつかしていくうちに、本当の直観を受けたときの感じを体得するでしょう。 *・・・* ここから、わたし事

スキ
17
高瀬舟考(占部まり)

高瀬舟考(占部まり)

多くの人が天寿を全うする時代、誰もが前向きに人生の幕を下ろせるようになるには? 「死を想う」をテーマに日本メメント・モリ協会を設立した著者が、その人らしい生き方と最後の時間を考える。 連載:死を想う――その人らしい最期とは 森鴎外の『高瀬舟』という短い小説があります。これはおそらく、近代文学で初めて安楽死を取り上げた作品です。あらすじをご紹介します。 京都の罪人を遠島に送る高瀬舟に乗せられた弟殺しの喜助。これから島流しされるというのに晴れやかな顔をしていることに不審に思っ

スキ
19