楠美圭史

僕はもう一度J2のピッチに立ちたい #はじめてのJリーグ 楠美圭史

僕はもう一度J2のピッチに立ちたい #はじめてのJリーグ 楠美圭史

19歳で立ったJリーグのピッチ。しかし思うような活躍ができず、悔しかった思い出を残した東京ヴェルディ時代。あれから4年、Jリーグのピッチにチームキャプテンとして臨む今の気持ちを語ります。 子どもの頃、Jリーグで記憶に残るエピソードをお聞かせください。 試合のある日のワクワク感が記憶に残っています。 僕の実家は味の素スタジアムの近くだったので、Jリーグの試合がある日には、よく父と兄と一緒に自転車で20分ほどかけて試合を見に行っていました。スタジアムまでの道中には、チームの

スキ
87