日本eスポーツ連合

日本のeスポーツ業界についてちょっと思うこと

現在、日本eスポーツ連合の認定プロライセンス所持者は2020年5月12日現在、13タイトル・215プレーヤー・1ジュニアプレーヤー・8チームとなっており、私が卒業論文を執筆・提出時点では12タイトル・173プレーヤー・1ジュニアプレーヤー・7チームでしたので日本eスポーツ連合がライセンス発行をして認めるところのプロプレーヤーは増えてきているということです。しかし、認定されていないタイトル・プレーヤ

もっとみる

日本のesportsの環境はまだまだ発展途上

#中田敦彦のYouTube大学 にて #esports とは何なのか取り上げられました。

2019年10月7日配信中田敦彦のYouTube大学

2019年10月8日配信中田敦彦のYouTube大学

自分もこれから伸びると思っている分野でありどのように紹介してくれるのか、生々しい情報提供はあるのかを期待していました。

法整備とJeSU問題

最近注目を集めた賞金減額の話題には触れませんでした

もっとみる
超大吉✌️もっともっとスキになりますように🤗
5

【研究】日本の政策におけるeスポーツ→知財戦略本部の議事録を見てみると(2018.8.8追記)

内閣が主導する知的財産戦略本部という政策会議がありますが、今年に入ってから、この中でもeスポーツが取りざたされるようになってきました。まず、こちらの委員を見てみましょう。

コンテンツ分野を取り扱う会合への出席者(16名)
石 川 和 子 (一社)日本動画協会理事長
日本アニメーション(株) 代表取締役社長
内 山 隆 青山学院大学総合文化政策学部教授
大 﨑 洋 吉本興業(株)代表取締役社長

もっとみる