新刊小説

ぼくの新刊「ぷくぷく」発売です❣️

みなさま、お待たせいたしました。
おかげさまで、ようやく新刊小説の発売日となりました。
本当は、秋に出版するつもりで
原稿は早めに書き終えていたんですけど、
いろいろあって、このタイミングになりました。
で、その「いろいろ」が何だったのかを
すでに忘れているという……。

いま、別の連載で頭がいっぱいなんです。
脳みその容量が小さくてごめんなさい(笑)

そんなことは置いておいて!

新刊「ぷくぷ

もっとみる
明日のあなたの運勢は「超大吉」\(^O^)/
26

八重咲きのドクダミ

ここ数年、梅雨時になると
庭の隅にたくさんの白い花が咲きます。
しかも、あちこちに。

なんの花だかわかります?
じつはこれ、ドクダミなんです。
一般的なドクダミとは違って、
ナント、八重咲き♪

最初は、庭の片隅に一株だけ生えていたのですが、
数年の間にどんどん広がっていって、
いまや数カ所で群生しています。

とかく雑草扱いされがちなドクダミですが、
じつは薬草としての価値はとても高いですし、

もっとみる
あなたに「スキ」を……、倍返しだっっっ♪
21

よき打ち合わせとなりました。
さあ、今日から長編のゲラ読みだ〜。

うはっ♪喜びの矢で胸を射られました(>_<)
7

サイン本を作りました‼️

昨日はサイン本をたくさん作ってきました‼️
ときわ書房本店(船橋駅前)と千城台店にありますので、

新刊「エミリの小さな包丁」(角川文庫)を、ぜひ❣️

この物語の舞台となった「龍浦」は、
ぼくのなかでは房総半島の静かな海辺イメージです。
外房から南房総にかけての美しい海……。

ああ、シュノーケリングとか釣りとかしに行きたいな〜♪

アディオース\(^o^)/
森沢明夫

もっとみる
うはっ♪喜びの矢で胸を射られました(>_<)
15

文庫版「エミリの小さな包丁」は、本日発売です‼️

「エミリの小さな包丁」(角川文庫)
おかげさまで発売日を迎えることができました。

都会で心に傷を負ったエミリが最後に頼ったのは、
美しい田舎の海辺で一人暮らしをしている
海のおじいちゃん。
このおじいちゃんは、無口でぶっきらぼうな風鈴職人です。

凛 ♪

と鳴る、あの風鈴です。
ぼくの作品をたくさん読んでくださっている方には
もはやおなじみのアレです。

エミリはおじいちゃんの手伝いをしながら

もっとみる
あなたにとびっきりの幸あれっ♪
19