完全リモート

#うちのoVice ご参加事例を紹介します!

oViceは11月1日〜30日で開催中の投稿コンテスト【#うちのoVice】。自社ならではのoViceの使い方をTwitterや記事でシェアするだけで参加でき、自社の雰囲気や社風も発信できる、そんなコンテストです。 (すでに多くの方に【#うちのoVice】を投稿&コンテスト応募いただいてます…!投稿一覧はこちらのTwitter検索結果からもみれます💁) 今回のnoteでは、参加者みなさんの投稿をピックアップしてまとめてみました!記事の最後にオトクなお知らせもあるので、ぜひ

スキ
7

アメリカ・最新リモートワーク意識調査でわかったこと

この記事を読んであなたが得られるかも知れない利益:アメリカ人労働者のリモートワークに関する意識。日米のリモートワーク意識の差から考える様々な推論。 アメリカ経済はこれからリモートワークでますます強くなる岸田内閣の経済スローガンは100%テレワークにすべし、と申し上げました。 アメリカの最新データが色々物語っています。 以下、野呂の気がついた点です。 1. 図の一番左、どこで働くの質問。ベッドとか、カウチなどアメリカ人らしいね。これはオフィス家具、オフィス環境関連企業は

スキ
15

<実践商売の達人>からのご案内です。完全リモートで《オンラインコンサルティング》をスタートしました。シナジー効果でビジネスを成長させましょう b^^):http://frankyoshida.com/experts-at-business/?p=1581

自宅オフィスからコンニチハ

※この記事は2021年3月12日に投稿されたものです 2021年2月から参加しております、従業員サクセスチームのおふろと申します。 ただいま、Carelyの機能の一つ従業員の健康相談にお応えする技を見習い中です。 (メンターのMさま、本当にありがとうございます!) 【↓具体的にはこちら↓】 早速ですが自己紹介タイトルにもあるように、私は完全リモートワーカーです。 社内に20名ほど在籍と聞いています。 東京恵比寿の新オフィスから数百キロ離れた自宅から、 こうしてブログを綴

スキ
3

近々、完全リモートのオンラインコンサルティングをスタートします。どうぞお楽しみに!b^^):http://frankyoshida.com/experts-at-practicalenglish/?p=29111

出社率1割、実オフィス面積を削減しバーチャルオフィスで勤務するテレワーク最先端企業―ウイングアーク1st株式会社

バーチャルオフィスを活用して勤務してくださっている「ウイングアーク1st」。実オフィスを縮小し、バーチャルオフィスで勤務、出社率は1割以下というテレワーク最先端企業はどのようにoViceを活用しているのでしょうか。 詳しい内容はこちらの記事 https://ovice.in/ja/usecase-wingarc1st/ ‎をご確認ください。

スキ
18