出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案

ダイバーシティ時流への適応ポイント

4月1日、外国人労働者の受け入れを拡大する『改正出入国管理法』が、施行されました。

この出来事は、本格的なダイバーシティ時代へのエポックではないかと感じます。

本法で対象とされている14業種だけではなく、他の業種でも、外国出身者の活用が、加速度的に進むのではないかと予測します。

時流に適応し、勝ち残るためには、できるだけ早く、外国出身者を受け容れ、活躍してもらえる体制を整えなければなりません

もっとみる
感謝です!
4

〔主張〕出入国管理法改正案が衆議院を通過する見通しにあたって

この「出入国管理法改正」は、与党と野党の茶番でしかない。
与党は財界の言いなりで移民推進であり、野党は「人類皆兄弟」のお気楽な思想により移民推進。
結局両者移民推進ではないか。

社会派、やってます。今後ともよろしく。

福島瑞穂 参議院議員、『水道法改正案』について安倍首相に質問。(参議院 予算委員会)

2018年11月26日(月)、参議院 予算委員会において、福島瑞穂 参議院議員(社会民主党 副代表)が、「水道法改正案(水道民営化)」、「防衛省 沖縄防衛局による国土交通省に対する行政不服審査法に基づく不服審査請求(行政不服審査法の濫用)」、「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案(移民政策拡大)」について質問しました。

 今回の予算委員会は、安倍晋三 内閣総理大臣も出席

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
5

山本太郎 自由党 共同代表 記者会見で「移民政策の失敗例(大泉町)」についての質問が登場。

2018年11月13日(火)、自由党の定例記者会見の終了後、山本太郎 参議院議員(自由党 共同代表)による、twitcastingユーザー向けの記者会見が行われました。

 山本太郎 氏は、twitcastingユーザーからの質問を待つ間、会見場に残っていた記者からの質問を受け付け、回答しました。

 記者の方から、現在、臨時国会でも審議されようとしている、移民政策に関する質問が登場したので、文字

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
4

『出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案』(移民政策 拡大法案)は絶対に成立させてはいけない。

自由民主党、公明党は、2018年11月13日、衆議院で審議入りする予定の「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案」(移民政策 拡大法案)を成立させようとしている。

 本法案の狙いは、移民を日本国内に大量に流入させることによって、労働市場を供給過多にし、賃金上昇を抑制することと、法務省の内部部局である「入国管理局」を、外局の「出入国在留管理庁」に格上げし、法務省の権力を拡大

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
4