公共メディアじゃんぬ

新着の記事一覧

「ELLE」|株式会社ハースト婦人画報社(2014/05/28): アロエベラ ネバネバの正体は「ムコ多糖類」という成分で、肌の修復機能や免疫力を高める働きがあることが認められている。 https://www.elle.com/jp/beauty/g207038/bpi-aloevera-14-0528/?slide=1

29分前

「「ネバネバ」糖は健康に不可欠!」|ありしかのブログ(2021-11-27): ネバネバ系といって思いつく食材といえば……? 納豆やおくら、山芋などが、このムコ多糖類に属します。 https://ameblo.jp/arishika18/entry-12712524478.html

45分前

「ドクターみどりの Beauty Lesson」|おおた皮膚科(2016.02.15): 長いものぬめり成分のムチンにも消化酵素が含まれています。 https://www.ota-medical.com/2016/02/15/237/

1時間前

「ドクターみどりの Beauty Lesson」|おおた皮膚科(2012.02.01): 長いものぬめり成分のムチンにも消化酵素が含まれています。 https://www.ota-medical.com/2012/02/01/442/

1時間前

「ドクターみどりの Beauty Lesson」|おおた皮膚科(2014.02.01): 長いものぬめり成分のムチンにも消化酵素が含まれています。 https://www.ota-medical.com/2014/02/01/348/

1時間前

「ドクターみどりの Beauty Lesson」|おおた皮膚科(2016.8.15): 大和芋のぬるぬるした粘り気のもとはムチンです。 ムチンは胃壁の粘膜を保護し、 たんぱく質を効率よく消化吸収させる働きがあります。 https://www.ota-medical.com/2016/08/15/807/

2時間前

「ドクターみどりの Beauty Lesson」|おおた皮膚科(2018.8.15): 大和芋のぬるぬるした粘り気のもとはムチンです。 ムチンは胃壁の粘膜を保護し、 たんぱく質を効率よく消化吸収させる働きがあります。 https://www.ota-medical.com/2018/08/15/1221/

2時間前

「ミヤトウ野草研究所 訪問記」|池原酒店(1995/11/06): コンドロイチンはモロヘイヤな どのネバネバ・ヌルヌル食品に多く含まれる。 http://www.ikeharasaketen.com/pc/kouso/kouso_kengaku.html

2時間前

「ブログ」|コーラル コミュニケーションズ株式会社(2021.02.17): アロエベラに含まれる分子量が多く、ネバネバの強いムコ多糖体はまさにその『善玉菌を増やす働きのあるもの』なんです。 https://www.coral-co.com/lactic-acid-bacteria/

2時間前

「ブログ」|コーラル コミュニケーションズ株式会社(2020.10.09): アロエベラのゲルの優れたところは『ムコ多糖類』。糖類がたくさんつながった、ネバネバ成分です。 https://www.coral-co.com/dietaloe1/

2時間前