信じ

-華やかな世界の傍らで-

小説を書いていると。

こんな作品に何があるのだろう。

そう思う夜もある。

いや、かなりたくさんある。

それは、音楽を作っていても。

絵画を描いていても。

わたしの作品に何があるのだろう。

とか。

或いは、自分だけが、世界でひとりきりのような、気持ちになることもある。

それでも、信じてることもある。

花々しい季節も 横目に過ぎ去り
ため息白くついて 迷ったりもしたけど

L'Ar

もっとみる