今日もぼっちです

著書「今日もぼっちです。」

著書「今日もぼっちです。」

みなさんこんばんは、最近眠気が直ぐ来て座椅子に座った状態で寝てしまいますYuyaです。(さっきも20分くらい記憶にございません) さて今回のテーマにもある著書「今日もぼっちです。」を読んだ感想を交えてnoteに文字残しをしていきます。 この「今日もぼっちです。」という本は、 ゲーム実況やらトークやらを今年で10年続けているチーム「三人称」の一人の「鉄塔」さんが、「賽助(さいすけ)」と言う名義で出版した著書となっております。 なのでここでは賽助さんと呼ばさせていただきま

スキ
3
ぼっちになれない

ぼっちになれない

妊娠中から激ハマりしていたゲーム実況youtuberの<3人称>鉄塔さんの本がでるというので早速いそいそと購入して読みました。 ご本人の飄々とした感じとあまり何も意識せず友達付き合いをしている人へのコンプレックスみたいなものを感じつつ、やっぱりユーモアがあって とても面白いです。ただ、マジボッチを経験したひとはくるものがあるかもしれません。 と、わたしはボッチでいたことあっただろうか?と読みながら考えてみたのですが割と人に囲まれて人生を過ごしてきたなと。 勉強したいこと

修学旅行|賽助「今日もぼっちです。」第23話

修学旅行|賽助「今日もぼっちです。」第23話

※本連載が書籍化しました。賽助『今日もぼっちです。』2002年10月26日発売  僕はあまり『修学旅行』との相性が良くありません。  小学校、中学校、高校と修学旅行に出掛ける機会がありましたが、いい思い出が殆(ほとん)どないのです。  今回はそんな中から一つ、いい思い出を皆様にご紹介したいと思います。  中学2年生の頃、修学旅行で京都へ行くことになりました。  修学旅行に際し、まず生徒たちだけで5~6人の『班』を作らねばなりません。その班のメンバーとは、旅行中に宿泊す

スキ
20
誕生日改革|賽助「ところにより、ぼっち。」第20話

誕生日改革|賽助「ところにより、ぼっち。」第20話

※本連載が書籍化しました。賽助『今日もぼっちです。』好評発売中  このエッセイが公開される12月24日、世間はいよいよクリスマス一色ですが、その2日前の12月22日は僕の誕生日でした。  子供の頃、楽しみだった年中行事といえば、好きな物をおねだり出来る誕生日とクリスマス、そして直接お金が貰(もら)えるお正月といったところでしょう。  そんな3大イベントのうちの2つ、誕生日とクリスマスがあまりにも近い日に催(もよお)されるということで(なんならお正月も結構近いのですが)、

スキ
16
占い|
              賽助「ところにより、ぼっち。」第9話

占い| 賽助「ところにより、ぼっち。」第9話

※本連載が書籍化しました。賽助『今日もぼっちです。』2020年10月26日発売  人生で初めて、占いをしてもらいました。  まず初めに皆様にお伝えしたいことは、僕は占いをあまり信じてはいませんが、だからといって占い師の方、占いをしてもらっている方のことを悪く言うつもりは毛頭ありません。  占いによって救われるのならば、それは素晴らしいことだと思いますし、人をより良い未来に向かわせることが出来るのならば、その占い師さんは紛(まぎ)れもなく本物であると思います。  そんな僕

スキ
19
鉄塔好き|賽助「ところにより、ぼっち。」第4話

鉄塔好き|賽助「ところにより、ぼっち。」第4話

※本連載が書籍化しました。賽助『今日もぼっちです。』2020年10月26日発売  鉄塔が好きだと言うと、多くの人が怪訝(けげん)な顔をします。 「何でそんなものを好きなのか、意味が分からない」といった表情です。なので、どこが魅力的なのかを張り切って説明するのですが、彼らはますます眉(まゆ)を寄せるばかりで、一向に好意的な印象を持ってくれません。  僕が言う鉄塔とは、町中に立っている送電鉄塔のことであり、僕はそれらを眺(なが)めているのが好きです。鉄塔のあの武骨な表情、そし

スキ
20
ぼっちの生き方|賽助「ところにより、ぼっち。」第1話
+1

ぼっちの生き方|賽助「ところにより、ぼっち。」第1話

※本連載が書籍化しました。賽助『今日もぼっちです。』2020年10月26日発売 小説家、ゲーム実況者、和太鼓奏者と3つの顔を持ち、華々しく活動する一方、青春時代は「ぼっち」だった一面も!? そんな賽助さんが多彩に綴るエッセイ連載。果たしてどんな話が飛び出すのか……。 illustration 山本さほ  どうやら僕は『ぼっち』らしい——そう自覚したのは、多分大学を卒業したくらいのことだと思うので、かなり遅咲きのぼっちということになるでしょう。  自室に籠(こ)もりっきり

スキ
33