事業環境マップ

事業環境マップ

事業環境マップは、ビジネスモデルの外部環境を4つの領域に分けてアセスメント(評価)するフレームワークです。環境の変化に着目し、未来への予測を立てることで、考案したビジネスモデルの検証に有用です。

↓ WEB上で無料で作成できます ↓

もっとみる
またお時間あるときに読んでくださいビズ♪
6

STP分析とは?メリット・デメリット、事例を紹介【無料テンプレートあり】

プロダクト、サービスローンチ前のマーケティング段階で、必ず分析、策定すべきなのが「誰に売るか」「どのような価値をもたらすのか」「どうやって他社と差別化するのか」というビジネスモデルの根底になります。

そのはじめの段階で役立つフレームワークがSTP分析です。今回はSTP分析をすべき理由や策定するメリット、事例、フレームワークのテンプレートをご紹介します。

もっとみる
嬉しいビズ♪
6

バランススコアカード(BSC)とは?考える方法を流れで紹介【無料テンプレート】

経営戦略の評価は、一筋縄ではいかないものです。一般的な手法としては利益率などを見るという企業も多いと思います。もちろん利益は大切ですが、企業の成長を表す指標とは決して利益だけではありません。

バランススコアカード(BSC)は、そんな複雑な経営管理を4つの要素でまとめられるツールになります。今回はバランススコアカード(BSC)について、作成する方法や作成すべき理由、無料のテンプレートなどをご紹介し

もっとみる
よろしければシェアもお願いしますビズ♪
8

4P分析について、4Cとの違いや作成事例、無料テンプレートなどを紹介

商材そのものの性格や価値など、売り方などを設定するためのフレームワークが「4P分析」になります。別名・マーケティングミックスといわれる手法です。

今回は4Pの各項目の内容や、定めるべき理由、設定する方法、4C分析を含めた関連するビジネスフレームワーク、参考の事例などを紹介します。Web上から無料で使えるテンプレートもありますので、ぜひ実践してみてください。

もっとみる
励みになりますビズ♪
3

事業環境マップについて

「事業環境マップ」では頻繁に変動する「市場」と「産業」「トレンド」「マクロ経済」の4種類を主な外部環境とします。外部環境を「デザイン空間」と捉えると、環境の変化に適応しやすくなります。

4つの視点から環境を把握し、既存のビジネスモデルを変化させることで、現事業はさらに強固になります。また今後の変化に対応できるように、策を練っておくこともビジネスを安定して進めるうえで大切なことです。

無料で事業

もっとみる
いつもありがとビズ♪
2

新規事業ってどう進めるべき?MVP作成からリリースまでの手順を紹介

前回の記事では事業のアイディエーションからMVPの作成までの手順を紹介しました。

今回はMVPでのフィードバックを得てから、商材のリリースまでの流れを掲載します。MVPをつくったあと、どのように仮説検証を繰り返してビジネスモデルをつくり、商材をリリースすべきなのでしょうか。新規事業の担当者はぜひ参考になさってください。

もっとみる
励みになりますビズ♪
5

新規事業の進め方とは?立ち上げからMVP作成までの手順を紹介

商品開発はすべてアイディア勝負だと思っていませんか?

もちろんイノベーションを起こすことは重要ですが、ただ奇をてらうだけではもちろん、勝算はありません。今回はサービスやプロダクトの開発を考えているが、何から手をつければいいのか分からない方に向けて、手順とコツ、役立つフレームワークをお伝えします。

もっとみる
いつもありがとビズ♪
4

【2019年版】PEST分析とは? PESTを補完するPESTEL分析、作成するメリットを紹介

ビジネスを取り巻くマクロ環境を分析するために古くから使われているフレームワークが「PEST分析」です。PESTの4項目を調査、分析することはマーケティングのスタート地点であり、必要不可欠なフェーズになります。

簡単な概要については、下記の記事を参考にしてください。

今回はPEST分析についてより詳細な概要や使い方、作成するコツ、2019年の現在でも通用するのかなどの情報を掲載いたします。

もっとみる
僕も「スキ」ビズよ♪
5

5forces(ファイブフォース)とは?ビジネスの外部環境を分析するフレームワーク

ビジネスにおける外部環境からの脅威を分かりやすく解説したのが「5forces(ファイブフォース)」です。

ハーバードビジネススクールの教授に史上最年少で就任したマイケル・ポーターが提唱した理論であり、登場から30年以上が経過した現在でも、ビジネス書などで解説されています。今回はそんな「5forces」についての概要、また発展型の6forces(シックスフォース)についても、触れたうえで、現代版と

もっとみる
ありがとビズ♪
5

【10分でわかる】デザイン思考とは?概要や欠点、役立つフレームワークをご紹介

サービスやプロダクトが世の中に溢れ、他社との差別化が図りにくくなっている現代「デザイン」という言葉が求められるようになっています。なかでも「デザイン思考(デザインシンキング)」というワードはさまざまなメディアで取りざたされ、ユーザーのニーズを満たしながらも、差別化を図るうえで欠かせない思考法として、注目を浴びています。

今回はデザイン思考の概要と重視されるようになった背景、欠点、役立つフレームワ

もっとみる
ありがとビズ♪
11